読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

:かみちゅ!パネル展@尾道

史跡

尾道を訪れるのはかれこれ4,5回目なのですが、市内観光もしていないし、かみちゅ!の舞台もまだ回れていません^_^; とはいえ、かみちゅ!のパネル展が開催されていると聞いて、帰省のUターンの途中で寄ってみました(^-^)
広島アニメフェスタの関係で、広島にゆかりのあるアニメということでタイアップの企画だそうです。福山市ではロボットアニメの展示会も行われているようですね。


まず、尾道の代表的な風景になります。左側が本州の尾道側で、右側が向島になります。奥にあるのは、尾道大橋です。
かみちゅ!主人公の中学生神様の一橋ゆりえの実家は向島側にあるので、フェリーで通学したり、尾道大橋を渡っている風景がでてきますね。


対岸にあるのが向島の造船所のドックです。3年前の2005年夏に、映画『男たちの大和』のロケセットが置かれていました。私も大学時代の友人二人と見学に行きました。大和甲板が再現されていて面白かったですね、実寸大だったので広い広い^^ そのロケセットの一部は、呉市にある大和ミュージアムに寄贈されているそうです。
そういえば、この時期(2005年6月〜9月)にちょうどかみちゅ!放映されていた時期でしたね(^_^; TV第8話『時の河を越えて』に大和が尾道に出てきたので、これを見てから、ロケセットを回っていればさらに感慨ひとしおだったのだろうなぁ。本当にちょうど旬でしたが、仕事が忙しくて全て見れていなかったです、残念無念。


尾道駅のそばから山を見上げた写真です。城っぽいのは歴史的な城ではなく、観光用だったのだけど今は廃墟だったか?手前の踏み切りも作中に出てきますね。


駅から東に進んで商店街に入ります。シャッターにポスターがいろいろ貼られていて、その中に今回目指すパネル展のポスターもありました。


そして、パネル展示場の前の立て看板になります。商店街の中ほどの貸し店舗内で行われていました。
ラムネの文字が涼感を誘いますね;-) こののぼりは、TV第8話に出てきた大和に同じようなものがはためいていましたね(^-^) ゆりえちゃんが大和艦内でラムネ製造していたと知って気になったからつけたのぼりでした(^-^b


こちらは立て看板の反対側〜


入り口から会場を覗くと、こういう感じでした;-)
もちろん、会場の係員の方に撮影OKもらっていますが、できるだけ人の顔が映らないように配慮しました^^;
そういえば、入り口の立て看板を撮影していたら、地元のカップルの方が「これってもしかして、時をかける少女?」とか言っていました。残念、惜しいですね、先日放送されていたアニメ版時かけを見ていたのでしょう。尾道は映画版 時をかける少女の舞台なのだけど、アニメ版は都内の各地だしなぁ^^;


会場内ではOPがエンドレスで流れていました。あの小気味良いOPを聴くとなんかうきうきしてしまうのは、尾道の現地にいるからのもあるかもしれません;-)


作品内のキャラたちや、神世界の風景のパネルですね:-)


かみちゅは夏服のイメージが個人的に強いのですが、秋口なのか冬服ですね。夕陽などの黄昏時が私は結構好きなので気になった一枚でした(^-^)


さて、反対側には、尾道の風景と作中の風景の対比などのパネル展示がありました。尾道在住なら、あぁここはと思いつく場所が多いのでしょうねぇ。ちょうど地元のお爺さんが熱心に見られていて、その後に熱心にノートにも書き込みされていました(^^)



会場の中央のテーブルには、このような尾道かみちゅ!マップが置かれていて、自由にもらえるようになっていました。私が滞在していた間にも、係員の方に回ってきましたよ〜と既に舞台を巡った方々が帰還されてきていましたね(^-^)
それに来訪者ノートには熱いメッセージや、可愛いイラストも多くて、拝見していた面白かったです(^^) 先ほどのお爺さんも熱心に絵を描いていたし(^^)


ゆりえさまと、みこちゃんのお人形が鎮座しているコーナーでは、絵コンテ集、DVD、台本などの展示もありました。





数日前に急に発生した、通称コミケ台風もこちらには影響なく、雨も降らず良かったです。今思えば、第一話に出てきた、ゆりえ台風だったのかもw

会場内では、このパネル展のポスターや、かみちゅ!のクリアファイルが販売されていました。係員の方はこちらの大学生だそうで、この企画を知って是非とボランティア参加されているそうでした。
この後に、係員さんとお客さんが話していて、福岡出身ですかー!ってキーワードに反応して私も話に加えて頂きました(^^) このような交流が面白いですね。故郷が福岡のスケッチブックの舞台なんですかーとか、かみちゅ!は当時尾道では放送していなかったんですよーとかいろいろ(^^)
それにしても、何故かお二人とも『朝霧の巫女』のファンだし、舞台好きなのに、舞台が広島三次と御存知なかったのは逆に驚きました(^^;


そうそう。林芙美子さんの銅像も見つけました。この付近には有名人さんの手形の銅版も設置されていて面白いです。
帰ってから、調べてみたら尾道文学の一人として有名だそうですね、すみません私は知りませんでした(^_^; そこで気づきました。尾道繋がりで、アニメ版“時かけ”では、東京新宿にある林芙美子記念館の屋内が真琴の家に使われたのかも、とw さすがにこの可能性は私でも読めませんでした;-)


こちらは会場で販売されていた、クリアホルダーです。会場では気づかなかったのですが、アニメショップで売っている既製品かと思いきや、このイベント用の尾道仕様なんですねぇ、やりますね(^-^b
縦型と横型の二種類があって、表の面にはゆりえ、祀、光恵の三人娘がいて、裏の面には同じ尾道の風景が配されています。横型には、祀の妹のみこちゃんもいますね;-)


そうそう、かみちゅ!展や、上映会については、下記のブログを参考にされてください(^^)
■【かみちゅ!展への道】
http://blogs.yahoo.co.jp/kamiten2008
有志の方々の頑張りや、御袖天満宮での上映会前の準備などがわかりますよ(^-^)


23日にあの神社で上映会があるそうなので、再び足を運ぶ予定です(^^) それにこの舞台はまだ巡っていないので、DVD全話を見て強化中です(笑) 当日は本当に楽しみです♪


追記:23日に開催された、かみちゅ!展上映会のレポは次にになります。もしよろしければご覧下さい。
かみちゅ!展 上映会@尾道



22日:クリアホルダーの写真など追加したり、追記などちょっと更新
25日:上映会レポにリンクを追加