読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青の橘花@福岡直方

■舞台を訪れる際の注意



舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m
当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。

舞台探訪日:2009年1月2、3日


青の橘花(1) (マガジンZKC)

青の橘花(1) (マガジンZKC)

青の橘花(2) <完> (マガジンZKC)

青の橘花(2) <完> (マガジンZKC)


“青の橘花”の舞台は、作品中に明言されているように、福岡県直方市になります。直方市は福岡県の北部中央に位置し、一級河川遠賀川が市内を流れています。この地域は筑豊と呼ばれていて、その昔、石炭採掘が最盛期の際にはこの遠賀川を使い石炭を運んでいました。

今回は直方市市内の全域が活躍の場になっていますので、グーグルマップでまとめてみました。以降に紹介するシーンの位置関係を掴む際に参考にして下さい。特に第一話はいろんな風景を借景していますので、実は結構広い範囲を移動していたことに驚くことかと思います。最後の飛行する敵ノッカーズを追いかけるシーンでは遠賀川を下って北上していっています。なお、第一話に関連する部分は緑色のマーカーを配しています。

大きな地図で見る


また、第二話以降はこちらになります。
※現在二話執筆中ですm(__)m
■[史跡] 青の橘花 第二話@福岡直方


まず、第一話に出てきたシーンの舞台を順をおって紹介していきます。

橘花が列車に乗って直方に向かう途中遠景のシーンです。
左手の奥に、鞍手駅があります。右の方向に向かうとあと三駅で直方駅に到着します。
列車が同じアングルまで来るのに結構待ちました(^^;


自分が大活躍する夢を見ていた橘花は、列車が止まったので降りたのですが…、直方駅の二つ手前の筑前植木駅に降りたことに気づきます。


漫画では気づかなかったのですが、よく見ると、背景に駅入り口に門松が立てられていました。ちょうど正月二日に訪れたので、意図せず、門松ある風景が撮影できラッキーでしたw


橘花がラファエルに出遭う場所。ラファエルさんは怪しい洗剤を販売していますよ?:-)
一月二日の三が日なので、商店街はほぼお休みで雰囲気は全く違いますが、左の“N”のロゴや、上部の商店街名の看板はそのままですね。


直方駅。元旦の夜に雪が降ったので駅の屋根は真っ白です。福岡でもちゃんと雪は積もるんですから(^^) < 意外に知らない人もいるんですよね(^^;


“青の七”の部隊の事務所がある、福智山ダムの麓です。いろいろ失態をやらかしてしまったので、このような山奥に左遷されてしまったのか?とも思えるほど、結構な山奥です。もちろん左遷されたわけでなく(笑)、ここに本拠地があるのは作品の終盤に意味がわかります。


こちらは、橘花が指定した神社の鳥居です。福智山ダムの近くにある鳥野神社がモデルとなっています。



テロリストの飛行タイプのノッカーズを追いかけて、橘花も自分の能力を使い空を飛びます。
この飛翔感が溢れたシーンは、空を飛ぶ主人公の姿を魅せつけてくれる好きな場面です。どうやってこのような風景を採用できたのか不思議でした。でも、実際に現地を訪れてみるとその秘密がわかりました。


こちらは、JR筑豊本線の上を横断する歩道橋になります。この陸橋の真ん中辺りから見た風景がズバリあのシーンでした!


もう少し北上したシーンです。ロケットエンジンの推進力を持つ敵ノッカーズに対して、橘花は全然追いつくことが出来ません。


ラファエルの俊足能力で運んでもらい、遠賀川沿いに北上していく敵の先回りをして待ち構え、見事撃破することができました!
撃破された敵はこのJR筑豊本線の橋に墜落します。この辺りは既に中間市に入っています。地図を見るとかなりの距離の追跡だったわけですね。

舞台を探訪して思ったのは、第一話にてかなり舞台の紹介も兼ねているのか主人公の広範囲の移動になっています。第二話以降は第一話で出てきた場所の近辺の様々な場所が出てきますね(^^)

また、クロスオーバー作品なので、五ヶ山橘花の父の話やその際の直方での過去の戦いが、アルクベイン3巻にも載っています。まさかこういう展開があるとは!w

ALCBANE(3) <完> (マガジンZKC)

ALCBANE(3) <完> (マガジンZKC)

次の探訪は、第二話へ続きます。





■(C) 高田慎一郎/The Boots Headquarters
■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として引用しています
■文章:Minkyこと、このブログの中の人
■履歴:
2/18:青の橘花の最終話が公開されたので、なんとか超暫定版公開(^^;
2/19:写真を追加。神社〜遠賀川の鉄橋まで。
3/8:第一話を単独で記事に。第二話以降は別記事予定。