読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

蜻蛉迷宮(カゲロウ†メイキュウ)第一、二話登場のモスバーガーJR西宮店 店内取材

■舞台を訪れる際の注意



舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m
当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


今回は既報の通り、第一話、第二話で登場したハンバーガーショップのモデルのお店が急に閉店することになったそうでして、この閉店前に店内の取材はしておきたいと、ぎをらむさん(id:giolumさん)ときーぼーさん(id:kiyomon229さん)が合同でお店にお願いして取材したとのことで、モデルのハンバーガーショップの特集になります。
私も同行したかったのですが、この話を知ったときには既に北陸遠征の予定(true tearsほしのふるまちの舞台探訪)が入っていて変更できず、こちらの取材には加わることが出来ず残念でした(^_^;


まず、ぎをらむさんのハンバーガーショップ閉店の記事と、お二人での取材の成功の記事になります。
■後天性無気力症候群 (id:giolumさん)
[ラノベ]「蜻蛉迷宮」でロケ地となったハンバーガーショップが単行本化を待たずして閉店
[ラノベ]メモ - モスバーガーJR西宮店の店内撮影成功


次に、きーぼーさんの執筆された、ハンバーガーショップが登場した第一話、第二話のレポートはこちらになります。
■[史跡]:蜻蛉迷宮(カゲロウ†メイキュウ)第一話@西宮
■[史跡]:蜻蛉迷宮(カゲロウ†メイキュウ)第二話@西宮・神戸


こちらより転載になります。







蜻蛉迷宮第1・2話で登場したモスバーガーJR西宮店が明日2月23日で閉店するため、19日と今日に許可を得て店内の撮影をしました。


店頭に掲出されていた閉店のお知らせ。まだ単行本化もしていないのに閉店とは寂しい…。開店は2006年3月31日のようなので、3年弱しか営業していない事になります。

2月15日に閉店の情報をぎをらむさんの記事で知り、19日の開店直後に単独で撮影をしたものの、撮りこぼしが多数ありました。それで終わりのつもりでしたが、急遽ぎをらむさんと協同で撮影をする事になり、22日に再度撮影の機会が得られたわけです。

22日午前8時現地集合、ぎをらむさんとはようやくこれで初対面となります。

ぎをらむさんの情報が無ければ閉店は知らないままでしたし、撮影の手助けもしてもらってありがとうございました。店内撮影を快諾してくれた店長さんと店員さんにも感謝しています。



撮影の資料に使用した電撃文庫MAGAZINE2009年3月号(2月10日発売)の付録小冊子「蜻蛉迷宮 特別版」。描き下ろし第5話と共に、モスバーガーJR西宮店(作中ではSOSバーガー)が登場する第1話が再録されています。小道具の鞄はぎをらむさんが用意してくれた物です。



モスバーガーJR西宮店外観全景(2枚の写真を合成)。店舗の1階部分は車がくぐり抜けられる構造で、駐車場になっています。交通量の多い国道2号線沿いにありながら閉店となったのが不思議です。


この写真のみ2月15日撮影。右側の8段の階段(第2話で登場)を上がると…



店の自動ドアの前に着きます。



入口前の、店員さんが毎朝手書きで本日のおすすめなどを書いている黒板。閉店について触れられています(22日退店時に撮影)。



自動ドアを抜け階段を上がって180度左へ振り返り、レジ付近から見た店内。他のモスバーガーとは一線を画す木をふんだんに使った内装です。


まず第1話の登場分から。店内は2009年2月19日、または22日の撮影です。

●37ページ目2コマ目



待合スペースからカウンターを見た所。右端に出入口への階段があります。

●37ページ目3コマ目



南(国道2号)側から西端を見渡した所。時計の下が宗次と由香子の席の目印です。2008年6月時点では同じ位置にポスターがありましたが、無くなっていました。

●38ページ目1コマ目


南(国道2号)側を見た所。テーブルがあってこれ以上引きが取れません。

●40ページ目1コマ目


●40ページ2コマ目



トレイの上の、籠に入ったハンバーガー。前後のコマから見ると由香子のもの。というか、宗次は飲み物しか頼んでいないようです。
作中では厚めのハンバーガーという事しか判別出来ませんが、写真では私のモスチーズバーガー(350円)を使用しました。

●40ページ5コマ目



もう少し離れてやや右から撮った方が良かったようです。

●41ページ目5コマ目


カウンター。上の黒板に書かれている「パオ」とは、2007年12月28日から2008年2月中旬まで販売された「パオ・エビマヨ」「パオ・エビチリ」の事です。第2話9ページ目4コマ目の店の外の看板にも登場(第2話記事参照)。


■参考:モスバーガー、中華風の「パオ・エビマヨ」「パオ・エビチリ」新発売 - GIGAZINE

この他に取材時期が伺えるものとしては、第2話12ページ目3コマ目でJR住吉駅の路線図に、発売の3ヶ月前の2008年3月15日に開業したおおさか東線が描かれているというのがあります。(第2話記事参照)

●42ページ目2コマ目



店の外観。第1話の記事の時に撮影を忘れていました。

●43ページ目1コマ目



由香子が食べ終わったようで、トレイが隣のテーブルに寄せてあるのが芸が細かいです。

●45ページ目3コマ目



開店直後で他に誰も客が居ないから良いものの、このアングルを撮っている時はかなり怪しい姿だったと思います(笑)ちなみに19日撮影分。

●46ページ目2コマ目


●46ページ目3コマ目



店内の特徴的な電灯。どの電灯かは特定出来ず、宗次の席から見てすぐ左の天井にあったものを撮りました。

●47ページ目6コマ目



宗次が朝礼で何も聞いてなかったと知って、呆れる由香子。中央下にトイレの入口が描かれています。写真右手前のイスは由香子が座っていたもの。


次は第2話より。

●8ページ目2コマ目


レジから店の外へ出るため階段を降りる宗次と由香子。ぎをらむさんが指摘しているように、二人は向かって左側の「出口」用では無く反対の「入口」用の階段を降りてしまっています(笑)


店内の撮影に9時まで1時間かけ、1時間ほど話し込んだ末に店外でも撮影をし、11時半過ぎにモスバーガーを離れました。

●オマケ 第1話4ページ3コマ目

ぎをらむさんの提案で、お互いにJR西宮駅南口付近の階段で第1話冒頭の宗次の真似をして写真を撮り合う事になりました。


宗次と同じ場所に立つぎをらむさん。この後昼から用事のあるぎをらむさんと西宮北口駅まで歩きました。次に会うのは4月初め予定のぎをらむさん主宰谷川流作品舞台巡りOFFになるでしょうか、楽しみです。


モスバーガーJR西宮店(2006年の開店当時はJR西ノ宮店)の前身は珈琲の青山で、改装設計を担当したのは神戸市の建築士事務所「Haus」でした。公式サイトで店内を含めた完成写真12枚を見る事が出来ます。
■参考:建築士事務所「Haus」:モスバーガーJR西宮店完成写真
同所は2007年までに銀座ナイン店などモスバーガーの東京・神奈川の4店の改装設計も担当しています。

●最後に

こちらのコメント欄に設計した方の書き込みがありました。木材は本物にこだわり、調度品は既製品では無いオーダー物だそうです。
■参考:モスバーガー JR西ノ宮店 - ネコと居る西宮生活



取材日:2009年2月19、22日
執筆:きーぼー(kiyomon229)





レポのようにまだ店内も新しいのに、閉店とはもったいない話ですよね(^^; ぎをらむさんもこちらのお店をオフ会で活用しようと考えていたようでしたし、私も蜻蛉迷宮の舞台を回る前にこうなるとは予想外でした。ハルヒで有名な西宮北口駅の駅前公園を自転車置き場にする話などなどもありますし、それだけ西宮市が活発で人の営みに伴って街並みが変わっているということでしょうね。



■(C) 谷川流菜住小羽アスキー・メディアワークス
■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として引用しています
■写真提供&転載文:きーぼーさん(id:kiyomon229)
■上記以外文章:Minkyこと、このブログの中の人
■履歴:
2/23:暫定版第一稿を転載
2/24:P40以降の追記分を転載
2/25:お店全景など追加と、改装設計に言及分を転載
3/1:カウンターやメニューについて言及分を転載