読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泣かせる空に会いたい@富山

Anime 史跡

恋愛アニメでTOYAMAをPR
立山五箇山舞台に
映像制作会社「ピーエーワークス」が富山湾を舞台に制作したアニメ作品

 立山五箇山など県内の観光地を海外にPRしようと、映像制作会社「ピーエーワークス」(南砺市)などが、アニメ作品6本を制作し、19日、インターネットで無料配信を一部開始した。地域資源の活用をめざす経済産業省の補助事業で、今月中に海外4か国語の字幕も付く。立山を舞台に県出身の男女の恋愛などが描かれ、日本のアニメ文化で「TOYAMA」を世界にアピールする。

 作品は6本(計34分)で、立山立山町)、五箇山南砺市)、富山湾(主に滑川市)の3か所を舞台に、立山の山頂で再会する県出身の男女の恋愛や、五箇山に住む祖父を訪ねる若い女性などの物語を描く。登場人物の音声は日本語だが、中国語、英語、韓国語、フランス語の字幕を選べる。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20090620-OYT8T00096.htm

■富山観光アニメプロジェクト
http://www.bbt.co.jp/cooltoyama/
このようなプロジェクトが立ち上がって、富山を魅せる作品を創出しているようですね。
国内向けだけじゃなくて、海外に向けても発信という着想はいいですね。雪降らない台湾などの観光客には、富山など北陸など人気あるそうですし:-)


第一弾の作品です〜


また、こちらの歌のBGVには、PAワークス製作の続く作品の富山湾の海岸や、五箇山の風景も出ています。


第一弾の最初の空港シーンは、羽田空港の第2ターミナルの出発検査場Bの辺りだそうです。
立山の頂上はなかなか難しいので、true tearsの舞台富山の魅力を発信してきたこっそり支援id:inoue1024さんに頑張って!と声をかけましたw

そして、富山湾の海岸シーンは、true tearsのCDジャケットなどに出てきた富山市の八重津浜の風景にも思えましたが、いろいろ違ってそうですね。「主に滑川市」とあるのでというのが気にかかりますね。


昨年から足繁く、機会があれば富山を訪れていますが、このような展開もあり、さらに楽しみが増してきました(^^) 今度の作品発表も気になりますね〜


6/28追記:

舞台探訪関係での友人のid:riyotさんが、羽田空港の作中の風景の撮影に行って下さいました!(^^) お願いしてしまい、すみません、ありがとうございました!(^_^;


詳しい考証などや、他に羽田空港が出てくる作品の関連については、id:riyotさんの記事をご覧下さい!(^-^b
■[舞台探訪]泣かせる空に会いたい 立山の恋人編 聖地巡礼 私でなく羽田空港だった
http://d.hatena.ne.jp/riyot/20090627/1246097152


最初に、出発ゲート前で二人がもめているシーンのところです。
「どこへでも行けばいいじゃないっ!」と、美咲が帽子を投げつけるところです。自分を選ばず、立山の撮影を選んだことにお冠のようで(^_^;;


「ずっと納得できなかったから…」と美咲がつぶやくシーンの背景ですね。背景の3の表示がポイントです(^^)


最後には、立山の頂上で仲直りができたという、恋人たちにはちょっとした思い出に残るエピソードに仕上がっています(*^-^*) 愛さえあれば、山の高さや険しさは関係ないんですね!:-)