読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙ショーにようこそ

The Art of 宇宙ショーへようこそ 上 (『宇宙ショーへようこそ』背景美術画集)The Art of 宇宙ショーへようこそ 下 (『宇宙ショーへようこそ』背景美術画集)

先日見てきました。
インクたんが可愛かったですよ!(^-^b


んで、映画館で売っていなかったので、通販にて〜
インクたんのストラップ! 
インクは、「宇宙ショーにようこそ」に出てくる、宇宙人の一人で、水生生物出身なので身体は液体に浸かっている宇宙服ですね(^-^b
かみちゅ!のオーディオコメンタリー風に言うと、他の作品に貸し出せる程の可愛いキャラです!w
本編自体は三週間前に見たのですが、行った劇場では売っていなかったストラップがほしかったので発注しちゃいましたw

どうして一般映画館では、ネッポストラップのみ販売なんだろ?インクたんの方がガチで売れるとは思うのですが、何故商売を投げているのでしょう(^_^;;;


そして、わさびふりかけも〜:-)


草薙も絡んでいるので、どちらかに舞台のモデルはあるとは思うのですが、判明していないみたいですね。EDテロップには、わさび関連で静岡の田丸屋本店が出ていましたね。こちらのわさびふりかけもそちらのお店です(^-^b


そうそう、かみちゅ!をいろいろ意識してしまい、インクたんの声は、かみちゅ!の貧乏神の斎藤千和さんと勘違いしましたが、別の方でしたね(^^;
ゆりえさまのMAKOさん、斎藤千和さんも出ていましたね〜
あと、宇宙モノだけあって、かみちゅ!に出てきた「火星人ちゃん」もちょい出あり:-)


最後に、ちょい感想のネタバレなので閉じ閉じ〜

作画や背景美術などは素晴らしかったのですが、話がもう少し練れなかったなぁと思えました^^;
そこが残念でした。見たいと思って行った映画作品で辛口なのは久々です(^_^;
子供が主人公だけに、精神的な成長もあり、自分達でなんとか解決するところを素直に見せた方が良かったのかも。夏紀とあまねの仲直りを主軸に持ってきたかったのはわかるのですが、最後まで引っ張らなくても、うーん。
この映画を見てもらいたかったのは、誰なんでしょうかねぇ? 子供なのか?一般人なのか?ヲタな大人なのか?


それから、最後の辺りの整理が欲しかったですねぇ、各戦いが分散していたので、えーと、どこでおしまい?と盛り上がりや締めがわかりにくかったです。
そもそも、ネッポの目的がよくわからんw 宇宙支配?宇宙創造?のためと、その先のビジョンが曖昧なので、悪役に見せきれてなかった。ポチとネッポの戦いは過去の因縁もあり、大人的には解決すべき見せ所なんだろうけど、子供達の方に主眼を置いて欲しかったので、二人の殺陣のシーンは縮小でも良かったような。


あと、秘密の惑星に子供が降り立った際に、事態を解決できるようなパワーを持ち、大活躍を見せてくれるのかな?と期待したのですが、単なる低重力惑星でしたか、うーん。例えが古いですが、「のび太の宇宙開拓史」のような、主人公陣のスーパーマンばりの活躍による爽快さが欲しかったですねぇ。