読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしのふるまち@富山氷見

Movie 舞台探訪

漫画原作をもとにした実写映画が四月より公開のため、先行して地元富山県内では、ちらしが配布されていたり、美少女図鑑とタイアップして小冊子を無料配布しているそうですよ〜

漫画原作の舞台探訪レポを書いていたことで、高岡在住のBUNBUNさんから情報を様々に頂きました。そして、ちらしと美少女図鑑を送って下さいました(*^-^*) ありがとうございます!

過去のレポはこちらになります。
ほしのふるまち富山県氷見市
http://d.hatena.ne.jp/rosseta/20100222/1235669435
ほしのふるまち@富山氷見 Part2
http://d.hatena.ne.jp/rosseta/20100919/1285266086


まず、富山県で配布されている、映画のちらしです。
映画主人公の二人の他に、二人を支える主演陣の顔ぶれもありますね。その中で、柴田理恵さんは、主人公の下宿先のおばさん役でして、そもそも富山出身なので適役ですね〜


その裏には、あの薮田バス停が!ファンタスティックな映像に!(^-^)
漫画原作では通学シーンでもよくでてくる場所だけに印象的なシーンの一つとして、映画内でも使われているのではないでしょうか?
そうそう、true tearsファンなら、最終話の思い出深いところですよね。 このように異なる作品がクロスしている場所というのも面白いですね。


こちらは美少女図鑑とのコラボで、氷見を中心に美少女と風景写真です。
表紙の風景は氷見高校です。漫画原作でも正門付近がそのままに出ていますね〜


この美少女図鑑ではいろいろな風景が出てきます。氷見だけでなく高岡市富山市も。漫画原作では氷見を中心に高岡も出ていたのですが、映画では富山市も出るのかな?むむ!? その中でも、氷見薮田のバス停も使われていました(^^)

薮田地域の道の風景のシーンも出ていますね。ここも通学路として映画に出てくるようですね。
私はまだこちらは訪れていないのですが、映画視聴後に歩いてみたいです(^-^b


そして、薮田地区にある垂姫神社での撮影も載っていました。こちらの神社は作中でも二人が合格祈願を行う神社としてでてきますので、映画でも出てきそうですね。そうそう、当初はおみくじは設置されていなかったのですが、作品にあやかって恋と開運を占うおみくじ箱を昨年末に設置したそうですよ。
そもそも、この神社には、仙女と海人との禁断の愛が成就した垂姫伝説があり、地元でも恋愛の神社として有名した。舞台を訪れた際には是非こちらも訪れてほしい神社です(*^-^*)


薮田の交差点を氷見市側に向かったすぐが垂姫岬になります。そこには恋愛成就のシンボルとして、ハート看板も設置されています。この岬近くも作中にはよく出て来ますね。近くのコンビニも作中の通学風景によくでてきましたよ。



また、地元薮田の方々の反応ですが、映画ロケのために様々な協力をされて、好印象だそうですよ。薮田自治振興会長さんは昨年頭に「薮田『ほしのふるまち』映画製作支援会」を発足させて、会長に就任して陣頭指揮に立ったそうです。さらに地元の皆さんは、ロケスタッフへの炊き出しや、撮影器材などの運搬など積極的にボランティアで応援されたそうです。その中で、「やぶた『ほしのふるまち』マップ」のパネルを、薮田バス停留所の待合室に設置されたそうです。



そうそう、映画公開に向けて、ロケ地を巡りウォーキングイベントも開催予定だそうですよ〜
それから、2010年3月の“広報ひみ”には、薮田の有志の方々による「いかんまいけ薮田」のお話が[特集] 舞台は私たちの日常 〜映画に映し出すまち〜として、数ページに渡って掲載されていますよ。ほしのふるまち以外にもロケ地に使用されたことで紹介されています。下記のリンク先のページにPDFファイルがあり、冒頭に特集されていますよ(^-^)
●広報ひみ3月号(2010)
http://www.city.himi.toyama.jp/hp/page000003400/hpg000003348.htm


そうかー、なるほど、昨年私が拝見したマップパネルはそういう地元の皆さんの熱い思いによる経緯があったのですね! 薮田の方とお話されたBUNBUNさんによると、映画ロケに使われた下宿先やヒロインの家のモデルの家も節度を保ってもらえれば、巡って頂くことは歓迎してくれるそうですよ、嬉しい事ですね(^-^)


下宿先やヒロインの家のモデルは、現地で見ていただくとして、私は家庭教師シンさんの家のモデルの家だけ写真をあげておきますね(^-^b こちらは現在お住まいではないのですが、管理されている方に撮影など許可頂きましたので(^^)

ヒロインの恋のライバルの実家の旅館のモデルは、映画では氷見の南部の島尾にある“民宿あさひや”が使われたそうですよ。こちらもこの機会に泊まってみたいですね〜
●民宿あさひや
http://himi-asahiya.com/index.html


また、氷見市内において「ほしのふるまちディスプレイ展」が行われているそうです。昨年末までは氷見商工会議所にて行われていまして、一月中は”北陸銀行 氷見支店”にて行われているそうです。その後、二月からは市内の“富山銀行”、三月は“氷見伏木信用金庫”と展示場所が移動するそうです。氷見に足を運んだ際には是非ご覧になってはどうでしょうか?
次のブログで展示内容など紹介されていますよ〜
●元気ひみ サポーターO2
http://himi10.blog24.fc2.com/blog-entry-24.html


というわけで、富山では3月26日から先行上映のようです。
私も見てから氷見に再び撮影に行く予定です〜!(^-^) 楽しみですね〜いかんまいけ〜氷見〜、そして薮田♪






ほしのふるまち(C)原秀則
■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として引用しています
■謝辞:BUNBUNさんによる資料及び情報提供を感謝いたします。ありがとうございます。
■文章:Minkyこと、このブログの中の人
■履歴:
1/9:初掲載
1/16:後半部加筆。写真も追記。