読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月読書まとめ

三月は年度末なので仕事が忙しくなったり、上旬にはウイルス性胃腸炎で三日ほど寝込んだり中旬以降には右腕の上腕部の神経痛?で悩まされたり(仕事がソフト開発なのでキーボード打つだけで涙目…)、決定的だったのは東日本大震災のため更新する気分ではなかったので…
年度初めということで新たに更新を開始します、よろしくお願いします。


さて、三月のお勧め三作品です。

大使閣下の料理人(1) (講談社漫画文庫)

大使閣下の料理人(1) (講談社漫画文庫)

寝込んでいた際に、大使閣下の料理人のシリーズを読み直したり、今まで読んだ事なかった風雲児たちシリーズを読破しました。風雲児たちは幕末篇があるのでこれからが本番ですが(笑)
毛色の異なる二作品ですが、どちらとも外交という観点で非常に興味深く面白い作品です。大使閣下はほんのちょっと前の現代の外交が出てきます。物語の舞台はベトナムやタイが中心なのですが料理人自身は大使に引き連れられて世界各国を飛び回っていて、外交は人が行うものだというのを再認識させられます。そして、欧米との外交よりも、中国、台湾、北朝鮮、韓国…と日本の隣国の国々との外交が本当にハラハラさせられます。日本にとって古代の先生、現代ではライバルの中国は、この作品でも外交上一番の要注意の国で、主席の人は悪役といっていいほど仕掛けてきます(笑)そうそう、台湾前総督を迎えた福岡での肉まん料理の話は、実際にあれば物凄すぎますw


風雲児たち (1) (SPコミックス)

風雲児たち (1) (SPコミックス)

それから、風雲児たちには、日本人の遺伝子というのが幕末の幕閣らの事なかれ主義というのを赤裸々に描かれていて、それを変えようと奮闘した蘭学者や革新的な幕閣の苦闘が描かれています。そして、日本人の漂流民にはロシアやアメリカまで行き着いて本国に戻ろうと苦労を重ねたが、前述の幕閣の方針のため入れなかったり幽閉に近い状態に置かれたり…。一方、内政では、田沼意次の革新的なコメから貨幣の転換、…達成前に潰されてしまい失脚してしまうのが非常に残念ですね。私が小学校の頃などに習ったのは重商主義と賄賂政治とだけで、賄賂のために商人を優遇したような論調だったため悪人というイメージでした。でも、本当はコメに依存している限り相場を握る商人によって幕府の財政は右肩下がりになるのは明白であり、ならば大きく舵取りを変えてその商人から税収を得たり、貿易や鉱山開発によって幕府に利益を増す事を考え、本来の意味で幕府の行く末を考えていた方だったのですね。確かに神君家康の教えを遵守するだけの石頭の幕閣にとっては理解しがたい事だったり、民衆にとっては分かりづらいことで批判が上からも下からもあったようです。田沼意次が失脚した際には民衆が大喜びしたと言う事からも、本当に大切な事はわかりづらく、分かりやすい表面上だけを知った風に一喜一憂する民衆、わたしたちは自ら勉強しつつマスコミの表面的な報道だけに踊らされないように戒めを持つべきだと思えました。
…えーと、風雲児たちは基本的にギャグテーストなので気軽に読む事ができますので!w


ゴクジョッ。 4―極楽院女子高寮物語

ゴクジョッ。 4―極楽院女子高寮物語

あまり堅い話ばかりしてもなんなので、まったく違う作品を一つ。
ゴクジョッ。はなんというか、凄い美女ばかりの勢揃いのお話なのですが、やっている内容は稲中卓球部みたいな変人のお話です(笑)
そして、今回知って驚いたのは、作者が女性!ってことです!w 男性の妄想にしては過激すぎるよな、でも男性作家しか描けないはずと思っていましたが、女子高は花園ではなくて…というのを思い出して納得しました。男性だと思い込んでいた女性作家さんは何人目だろ!w
そうそう、この作品の第一巻は、氷見市の薮田のコンビニで購入したのですがまさかこんなに面白いとは思わず今でも読み続けていますw…最初はエッチな作品と思って買ってしまったのは否定しませんよ(苦笑)
あ、舞台は栃木のようです。舞台探訪においては、かなり難易度が高い作品ですね。2巻だったかに舞台探訪者をあざ笑うような略図が出ていましたが、あれでは全然わかりませんでしたw


2011年3月の読書メーター
読んだ本の数:30冊
読んだページ数:8534ページ

たたみたたみ〜
3月の読書メーター
読んだ本の数:30冊
読んだページ数:8534ページ

ゴクジョッ。 4 〜極楽院女子高寮物語〜 (愛蔵版コミックス)ゴクジョッ。 4 〜極楽院女子高寮物語〜 (愛蔵版コミックス)
今回は冒頭からずっと笑わせてくれたなぁw良い意味でお馬鹿作品である!wここまで突き抜けてくれると気持ちよい(^-^b キャラ紹介を見るとみんな亜矢がLoveなんだなぁ、最後のお話の締めはおバカでも良い子ってわかるところでしたね〜
読了日:03月24日 著者:宮崎 摩耶
風雲児たち (20) (SPコミックス)風雲児たち (20) (SPコミックス)
教科書などでは一行で終わってしまう、高野長英とはこれほどまで濃密な人生、悲劇を歩いた方だったのか。それだけに、家族で過ごした日々の幸せさが本当にありがたかったのだろうな。
読了日:03月21日 著者:みなもと 太郎
風雲児たち (19) (SPコミックス)風雲児たち (19) (SPコミックス)
読了日:03月21日 著者:みなもと 太郎
風雲児たち (18) (SPコミックス)風雲児たち (18) (SPコミックス)
読了日:03月21日 著者:みなもと 太郎
八百万(やおよろず) (Flex Comix フレア)八百万(やおよろず) (Flex Comix フレア)
オキツネさんの事件解決モノ。謎解きもひねってあって面白かった(^^) 神様の力はほぼ使わず洞察力だけで解決とはw
読了日:03月20日 著者:みもり,畠中 恵(原作)
鉄道少女漫画鉄道少女漫画
小田急に纏わる女の子たちの予想もつかない話ばかりのオムニバス作品。ロマンスカー入生田駅、厚木駅江ノ島駅と様々な舞台が出てくるのも面白いなぁ
読了日:03月19日 著者:中村 明日美子
夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)夏目友人帳 11 (花とゆめCOMICS)
アニメ第三期のロケハンの話が少しあり。原作者曰く「オススメなスポットと言ってなかなか険しい道を歩いて頂いて」…うわぁ、勘弁して下さい、探すの大変な予感(^◇^;)
読了日:03月17日 著者:緑川 ゆき
断裁分離のクライムエッジ 2 (MFコミックス アライブシリーズ)断裁分離のクライムエッジ 2 (MFコミックス アライブシリーズ)
神聖不可侵な女の子の髪の毛を切るというのは主人公でなくてもくるものあるなぁ(^^) 一巻では敵?だった方々も近辺にいてくれて少し安心できる感じかな〜
読了日:03月17日 著者:緋鍵 龍彦
球場ラヴァーズ 2巻 (ヤングキングコミックス)球場ラヴァーズ 2巻 (ヤングキングコミックス)
1巻から徐々に自分を取り戻していく主人公がいいなぁ〜 もしも野球マネージャーが広島ファンだったら?的な展開もいいな、甲子園があの甲子園とわからなかったのもウケタw
読了日:03月10日 著者:石田 敦子
江の島ワイキキ食堂 2巻 (ねこぱんちコミックス)江の島ワイキキ食堂 2巻 (ねこぱんちコミックス)
一巻よりもオードリーが大活躍♪ 子猫や少女から幽霊まで助けちゃうぞ(^-^b
読了日:03月10日 著者:岡井 ハルコ
来世であいましょう 1 (バーズコミックス)来世であいましょう 1 (バーズコミックス)
意識を失うと来世が見える設定が面白いw 全てを疑う主人公と、愛し方を知らない美少女の行方は!? 主人公の幼馴染の男の娘は伏線なんだろうか、ふーむ?
読了日:03月06日 著者:小路 啓之
デスレス 2巻 (ヤングキングコミックス)デスレス 2巻 (ヤングキングコミックス)
生えたw 切り離して小動物はGJw
読了日:03月06日 著者:六道 神士
風雲児たち (17) (SPコミックス)風雲児たち (17) (SPコミックス)
天保の改革って歴史の教科書にはそれなりの名前で載っているけど、内容もしっかり教えるべきだなと痛感
読了日:03月06日 著者:みなもと 太郎
風雲児たち (16) (SPコミックス)風雲児たち (16) (SPコミックス)
鳥居耀蔵はとんでもない悪人だなぁ。有能な悪人ならまだしも無能・・・
読了日:03月06日 著者:みなもと 太郎
風雲児たち (15) (SPコミックス)風雲児たち (15) (SPコミックス)
読了日:03月06日 著者:みなもと 太郎
ヨルムンガンド 9 (サンデーGXコミックス)ヨルムンガンド 9 (サンデーGXコミックス)
とうとう題名の作戦が結構されるのかぁ!兵站を握る兄者のパッケージも魅力的なのだけど、それ以上のどのようなものなのだろう?
読了日:03月05日 著者:高橋 慶太郎
大使閣下の料理人(13)<完> (講談社漫画文庫 か 13-13)大使閣下の料理人(13)<完> (講談社漫画文庫 か 13-13)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(12) (講談社漫画文庫 か 13-12)大使閣下の料理人(12) (講談社漫画文庫 か 13-12)
この作品はどのヒロインも魅力的で美人だけど、北島萌ちゃんはキップの良さもありさらにGJ
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(11) (講談社漫画文庫 (か13-11))大使閣下の料理人(11) (講談社漫画文庫 (か13-11))
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(10) (講談社漫画文庫 (か13-10))大使閣下の料理人(10) (講談社漫画文庫 (か13-10))
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(9) (講談社漫画文庫 (か13-9))大使閣下の料理人(9) (講談社漫画文庫 (か13-9))
N国にロシアにフランスと各国の曲者揃いの巻!
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(8) (講談社漫画文庫 (か13-8))大使閣下の料理人(8) (講談社漫画文庫 (か13-8))
この辺りからシナリオも真骨頂だよなぁ 
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(7) (講談社漫画文庫 (か13-7))大使閣下の料理人(7) (講談社漫画文庫 (か13-7))
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(6) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(6) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(5) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(5) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(4) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(4) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(3) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(3) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(2) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(2) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
大使閣下の料理人(1) (講談社漫画文庫)大使閣下の料理人(1) (講談社漫画文庫)
読了日:03月05日 著者:かわすみ ひろし
時の“風”に吹かれて (光文社文庫)時の“風”に吹かれて (光文社文庫)
表題作のような短編なのかな?と思っていたら笑い転げる短編もあっていいですね。口裂けの母の愛は凄いものですね、最後の決め台詞で爆笑させてもらったし^^
読了日:03月05日 著者:梶尾 真治

読書メーター