読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほしのふるまち@氷見 Part3

舞台探訪

今年二月に氷見市薮田を訪れてみたり、地元富山で配布や販売されているグッズや小冊子を手に入れましたので少し紹介いたします。
特に、公開前のロケ地の案内や、マップや切手シートの入手は、BUNBUNさんにご協力頂きました、本当にありがとうございますm(__)m

ほしのふるまちMAP

氷見市から出されているほしのふるまちのロケ地案内マップになります。
氷見駅では観光案内所で自転車を貸し出していますので、マップを片手にロケ地を回るのもお勧めですよ〜


漫画原作で使われたロケ地をベースにして、映画ではさらに色々な場所が使われていますね。
風景としては、朝日山公園の展望台(漫画原作とは違う場所)、松田江新橋、恵比寿橋などが出てきます。
お店では、喫茶店は氷見駅前の“珈琲屋X”さん、渚がバイトしていた食堂は魚市場内にある“海寶(かいほう)”さん、恒太郎と正樹が行った居酒屋は“まる甚”さんが出てきます。どちらも映画を見たら訪れてみたいですね。


薮田地区もマップにもちろん掲載されています(^-^b 氷見市中心部からは少し距離がありますがこちらも是非訪れたいですね。

ほしのふるまち切手

映画を記念して作られた切手シートです。主演陣の切手はもちろんのこと、漫画原作のイラストの切手もあるのがいいですね!


ほしのふるまちファンの立ち寄るお店、勘右衛門さん

氷見を訪れたり、ほしふるファンなら、こちらのお店を訪れるべきです(^-^)
満面の笑顔で女性店主さんが出迎えてくれますよ(^-^b 元気一杯にツイッターでもつぶやかれていますよ〜
映画公開を記念して、紅白ブリ最中など新商品など提供して、積極的に応援されています!(*^-^*)


まず、こちらの氷見市中心部から見える立山連峰の風景です。運がよければこのような眺望を見ることが出来ます、凄いの一言ですよね!(^^)


こちらが勘右衛門さんです。賑やかな店の正面が惹きつけてくれますね〜
道の駅「氷見」氷見フィッシャーマンズワーフ 海鮮館さんのすぐ近くです。
■オフィシャルサイト:氷見 勘右衛門
http://burimonaca.jp/
ツイッター:ブリ最中の勘右衛門 @kan_emon
http://twitter.com/#!/kan_emon


店を訪れるたびに掲示している写真や新聞記事など、ほしふる特集が増えていますよ!


こちらの新聞記事を見ると、富山でどのように映画が期待されていた事や、出演陣のメッセージなどの声が手に取るように分かりますね。


コンサートの模様の写真もありますね。


こちらは映画劇中で正樹が乗っていた車の写真です。この車だけを見ると、映画の時代設定って昭和!?って勘違いしてしまいそうですが、監督の好みでこちらの車が登場した経緯になるそうです。正樹はレトロ好きな設定なのでしょうか(^^)
ちなみにこちらの車のオーナーさんは、氷見市在住で、勘右衛門さんの常連客さんだそうです(^-^b


こちらは新聞切り抜きやブログの印刷物のまとめですね。あぁ、うちのブログも!ありがとうございます!(^^)

●薮田地区:山沿い風景

主人公の居候先の薮田地区の風景です。映画の中ではたくさんこちらの風景が出てきますよ!
ロケ写真は北日本新聞さん記事よりの引用になります。




主人公の居候先のお宅として使われた民家になります。撮影などの許可を頂いております、ありがとうございました。




●薮田地区:海沿い風景

港の風景や、バス停が良く出てきますね。
ロケ写真は北日本新聞さん記事よりの引用になります。





●島尾地区風景

栗田さんの実家の旅館や、とある重要なシーンで出てくる島尾の海岸の風景です。
ロケ写真は北日本新聞さん記事よりの引用になります。