読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲くいろは「湯乃鷺駅」看板お披露目式@石川県七尾市

花咲くいろは (8) [Blu-ray]
花咲くいろは作中の駅“湯乃鷺駅”のモデルである、のと鉄道 西岸駅が、なんと駅名看板が“湯乃鷺駅”に付け換わるというイベントが開催されましたので訪れてみました。
花咲くいろは公式ブログ:リアル湯乃鷺駅だ!
http://hanasakuiroha.seesaa.net/article/197263859.html


また、以前の西岸駅や湯涌く温泉の探訪レポはこちらになります。
花咲くいろは@石川県七尾市西岸駅&金沢市湯涌温泉
http://d.hatena.ne.jp/rosseta/20110410/1302469817


2011年GWの一日目ということで、かなり早く出発して渋滞を回避することができました。でも、能登半島に入ってから雲行きがよくなく豪雨に見舞われたこともありましたが、西岸駅に到着すると良い天気に回復しましたね。
このイベントの後に城端まで行く予定があったため車で訪れたのですが、本来ならば、のと鉄道の乗車して訪れたいですね。次こそは乗車してみたいです、地元の鉄道会社への貢献の意味も込めて(^-^)


駅前には既に準備されている、のと鉄道P.A.WORKSのスタッフの皆さんがおられました。


のと鉄道さんも準備の為に大勢駆けつけられたようでした。事務職の方から保線の方まで大勢の方々が来られていました。


まだまだ準備されていましたが、イベント開催時刻の14時には時間があるので一旦食事に行く事にしました。


食事が終わって、臨時駐車場を見てみると結構な車が駐車していました。石川、金沢、富山など近隣の県ナンバーの車が7割方で、その他は他県から遠征されてきた車でした。


西岸駅に戻ってみると、あれ?思ったよりもファンの人数が多くないな?と思ったのですが、それは勘違いでして(^^;、駅舎の中や、ホームにわんさか大勢のファンが既にいましたねー!


駅舎内には、今回発売されるクリアファイル5セット絵柄と同じの新ポスターと、nano.RIPEのサイン入りハナノイロポスターが展示されていました。




そして、ホームに出てみますと、ホームのどちらともファンが大勢! 
奥のほうに穴水町方面に向かう列車が見えますが、イベント開催前の列車にはファンで満員になっていて西岸駅で大勢が降りていました。


お披露目イベントは駅舎のあるホーム側で行われました。


14時になりイベント開始しました。のと鉄道のアテンダントさんが司会進行をされていました。普段とは異なるお仕事なので緊張気味でしたね、確かにこんなに大勢ですもの^^;


能登鉄道 鉄道部長 蜂須賀さんの挨拶でした。要旨は次になります。
去年春にP.A.WORKSさんからアニメのお話を頂きました。アニメが始まってから駅ノートの書き込みの量に驚きました。そしてのと鉄道内部から駅名を変えたらどうか?という声があがりました。 一方、西岸駅は昭和七年に出来ました。通常は20名ほどの学生の乗降客で、今日のイベントの人出でホームが壊れないか心配しました。今後もファンの皆さんには是非この駅を訪れて欲しいと思います。花咲くいろはとともに末永く、のと鉄道も応援して頂く思います。よろしくお願いします。


そして、プロデューサー ナガッチョさんと、鉄道部長 蜂須賀さんによる駅名除幕式ですっ!せーのっと!


じゃーん!と出てきました。“湯乃鷺駅”の看板の登場です!
一瞬、あれ!? 元のままの看板?と思えたのは、看板の錆び汚れもそのままなんですね!


そして、早速、七尾行きの列車が到着しました。付け替えた駅名のホームに列車が入ってくると何か新鮮ですね〜


“湯乃鷺駅”の看板には、やはり桜が似合うってことでポスターも横に展示されました。
のと鉄道職員さんやナガッチョさんによると、この駅名看板は番組放映終了するまでこのまま付けられているそうですよ。今日だけじゃないので、今日来れなかったファンには嬉しい知らせですね(^-^b


さらに、鉄道部長さんの粋な計らいで、列車ダイヤが緩やかなので列車が来るまでは線路内に立ち入ってもらって、間近で駅名看板を撮影して下さいとのこと。のと鉄道の皆さんのバックアップもあり、ファン大勢で賑やかに撮影ですよ〜 都市部では考えられない光景です、まさにGJ!(^-^)

★ご注意★ 今回はイベントのための特別なご厚意かつ、鉄道員さんの監視の下で行われています。線路内に立ち入って撮影は決して止めて下さい。のと電鉄、地元の方に迷惑がかかりますのどよろしくお願いいたします。


この撮影大会の後に、駅名看板を中心にしてファンで写真に入ってもよい方は写ってねと集合写真も撮影されました。撮影時の掛け声は何故か「ホビロン!」全員で一斉に言って爆笑w ここで撮影された写真は公式で掲載されるとのことです。私も写ってしまった、あはw


花咲くいろは公式ブログ:湯乃鷺駅誕生!
http://hanasakuiroha.seesaa.net/article/198573022.html
みんな頭を押えているのは、駅ホーム風景の松前緒花ポスターの緒花ポーズを真似しているわけです(^-^b


集合写真後に時間がありましたので、ついでに、OPのアングル撮影も行ってみました。これは今日だけしかできない撮影ですね!


駅前では新作クリアファイルセットの販売がされていました。


私も入手できました。背景も細やかでとても良い品ですね〜


販売も終了した後は、ナガッチョさんのサイン会が急遽行われていたようですよ。サービス精神も満点ですね(^-^b

こうしてイベントは大盛況のうちに終わりました。ファンが喜んだのはもちろんのこと、のと鉄道の方々も本当に嬉しそうで終始笑顔でしたね(^-^b
さらに、地元の方も何のイベントだろうと、ファンに説明を受けていたりと交流もありましたね〜 私も農作業をされていた女性から訪ねられたので丁寧に説明したところ、沢山の人が来てくれて嬉しいねぇと言われていました(^-^)



さて、イベント以外の駅周辺情報を少し。西岸駅の周辺には一見飲食店がないように見えるのですが、海沿いに幾つかお店があるので利用してはいかがでしょうか?
食事は西岸駅近くでとりました。駅から歩いて三分の宮本水産さんの牡蠣食堂です。私たち以外にもファン数グループが利用していました。


今回は牡蠣入り釜飯です、炊き上がるまで20分かかるので時間があるときに楽しみたいですね(^-^b


ちょっとお茶したいな〜と宮本水産から海岸線沿いを南に歩くと、Natural Cafe遊帆(ゆーほ)さんを見つけて、お茶させて頂きました。


私はマサラチャイを飲みました。カフェ以外には、タイ家庭料理などあるそうですよ。居心地の良い空間でしたので、また訪れたいですね(^-^b


そして、のと鉄道の終点の駅穴水駅も訪れてみました。こちらに、のと鉄道の本社がありました、


駅内には、鉄道むすめなどコラボ商品などいろいろありましたね〜 もしかすると、花いろコラボ商品が並ぶのもあるかもしれないのかな!?
今回ものと鉄道に乗車できなかったので、せめてもの貢献として、駅売店でお土産を数点購入いたしました。


今回は天気も良くて、地方鉄道の良さを活かしたイベントで、ファンとしても嬉しい内容で本当に楽しめました(^^)
まさか四月に二回訪れることになるとは思いませんでしたが(笑)、またこちらにも訪れてみたいですね(^-^b