読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

だがしかし@千葉県千葉市、富津市竹岡

史跡

■舞台を訪れる際の注意



舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m
当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。

だがしかし(1) (少年サンデーコミックス)だがしかし(2) (少年サンデーコミックス)だがしかし(3) (少年サンデーコミックス)
舞台探訪日:2015年12月12日


駄菓子コメディ漫画作品の「だがしかし」がアニメ化ということで、原作からのファンとしては、アニメPVを見て俄然やる気が出てきました。
原作漫画では舞台の場所がありそうで、なんどか調査してみましたが、特定にいたらず不明の状態が続いていましたが、アニメでははっきりと場所が分かってきたのが嬉しいですね!ただ、漫画原作の舞台はまた別かもしれないという恐れも出てきましたが!w


アニメPVでは、駄菓子屋の周辺の地域の風景やバス停などが出てきました。雰囲気がなにやらかみちゅのようでもあり、非常に楽しみです。
今回は、舞台を特定されたNT/fiv(@ntfiv)さん、 テスラ(@tesra1141)さんらの情報を元に探訪してまいりました。情報ありがとうございます!
追記:アニメ第一話に新出分も追記しました。


こちらの写真はバス停が載っていた三巻を、善勝寺バス停で撮影したものです(^^)

●マップ

舞台の風景の場所と、ここも出そうかも?という場所をマッピングしてみました。

千葉市緑区善勝寺

千葉市東部の土気駅近くのバス停になります。
アニメPVでは、バス停と、待合所が出てきました。バス停の上部の書き込みと、背景の風景が細かくて精細で現地で驚きました。


バス停の風景を撮影しようとすると車道からの撮影になりますのでご注意ください。


第一話のバス停の時刻表です。
12月にたまたま撮影していたので参考に。バスの本数が少ないのもほぼ同じですね。


第一話でほたるさんが座っていたバス停の椅子。
作中そのままのアングルは撮影はできないのですが、実際に同じように椅子が二つありましたよ。


バス停をいろいろ見てみると、味わい深いですね。バスはほとんど止まらないのが、作中感にあっているような。


アニメ第一話で出てきた交差点。バス停の先にあります。
交差点の先は昭和の森という公園になっており、その公園名の看板がうっすら見えますね。


バス停だけ出てくるかどうか分からないので、周辺の散策もしてみました。
バス停の周りは新しい住宅が立ち並んでいるのですが、道路向かい側の地名の由来だと思われる善勝寺の付近は作中と同じような雰囲気でした。

●富津市竹岡

千葉県の南部にある富津市の竹岡に、幾つも舞台風景がありました。
駄菓子店のモデルの場所がこちらにあるため、舞台の中心になりそうな雰囲気です。


■竹岡川橋りょう


“竹岡 川橋りょう”になります。

反対側の風景と、アニメPV通りに撮影しようとすると東の橋からぐるっと回る必要が出てきます(^^;


■白狐川
河口付近


河口付近には十二天神社、そちらに渡る橋、海岸もありました。



第一話では、堰の風景も出てきました。
場所は、駄菓子屋がある付近の少し上流になります。
12月探訪の際に撮影していましたので、見てみたところ雰囲気かなり合っていますね。


■三柱神社
本殿を修復中のため仮のお社だそうです。


こちらが修復中の本殿です。現在は立ち入り禁止でしたので、仮のお社付近から撮影しました。


延命寺
第一話の冒頭に出てきた手すりのある階段です。
階段下の左側に青い屋根の家もあるので、作中の風景はかなり合っていると思います。
12月探訪でアングルは異なりますが撮影していたので、参考にアップします。


■駄菓子屋前
ほたるさんが駄菓子屋前にいるキービジュアルのようなイラストです。
背景の山の形、JRの鉄橋の一部、柱上変圧器がある電柱が後ろに見えることを考慮にいれるとこの場所が駄菓子屋のモデル地のようですね。


竹岡地元のスーパーで買ってきた駄菓子を持っていきましたw やはり駄菓子がなくては!

●舞台散策

今回公開されたアニメPVでは一部だけでしたが、竹岡には作中の雰囲気に出てきそうな風景が幾つもあったので散策してみました。


■白狐踏切
なかなか素敵な名前の踏切です:-)
舞台がある作品だと、だいたい踏切も出ることがおおいのでこちらも歩くのかも?と想像しながら歩きました。


■スーパー三十郎
駄菓子を売っている駄菓子屋か、駄菓子を売っているお店はないかな?と探して見つけたスーパーマーケットです。
特徴があるお名前ですね。そして、ちゃんと駄菓子を買えました(*^-^*)
作中にも出てきそうな佇まいですね。


■竹岡駅
内房線の駅で、2007年に新しい駅舎になったそうです。無人駅ですが、簡易Suica改札機が設置されていました。
上述の竹岡地域から南西の方角でそこそこ歩きます。なので、だがしかしの探訪で駅を起点とするとちょっと遠いかも?


駅前や、駅の路線橋から眺めた風景です。


■津浜海水浴場
アニメPVの空の雲を見ると、夏雲ですので、これは水着の海水浴回があるぜ!と思い、駅の近くのこちらの海水浴場にも足を運んでみました。
冬の海で夕方だったので雰囲気は暗いですが、夏はよさげでしょうね。
竹岡はあまり砂浜の海辺が少ないようなので、地元の子供たちはこちらで泳いだりするんでしょうね(^^)


竹岡ラーメン「梅乃家」
だがしかしは駄菓子メインなので、他は出るかどうか分からないのですがw、竹岡というとラーメンです!と友人らにも言われて訪れました。
チャーシューが特長のラーメンで、私は大好きな味でしたよ!
チャーシューを頬張りながら、麺やスープを飲むのが美味しい食べ方だそうです。こられたらぜひ!


■イルミネーション
白狐川沿いに設置されているイルミです。昼間に散策して気づいていたので、暗くなり再訪。いい感じです。
アニメ放映開始後にまた訪れようと思いました。

●未発見場所

喫茶店の場所を探していて、駄菓子屋のモデルのように場所だけかも?と思いつつ喫茶店の建物はない可能性が高いとしても、背景の山、手前の坂道の止まれや、電柱の街灯などを目印に探していたけど見つからず。
竹岡の山際には街灯はほぼなくて、あってもLEDの小さな街灯でした。バス停と同じく千葉県内の他の地域かもしれないですね?
街中の交差点に雰囲気だけ似たような建物はあるのですが違うでしょうし。






■漫画、アニメ:だがしかし(C)コトヤマ
■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として画像を引用しています
■文章:Minkyこと、このブログの中の人
■履歴:
2015/12/12:暫定版、写真掲載
2015/12/13:写真追加、文章加筆
2016/1/9:川名を白狐川に修正、第一話の交差点、階段、堰について追加