マグネット島通信@愛知県南知多町 日間賀島

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2018年11月22日、23日

マグネット島通信 1巻: バンチコミックス

マグネット島通信 1巻: バンチコミックス

 
マグネット島通信 2 (BUNCH COMICS)

マグネット島通信 2 (BUNCH COMICS)

 

この主人公は二人です。一人は、何かに大きな不満があったわけでなく周辺に流されたのか、仕事の契約更新がされなかったことと、叔父の入院により空き家の間借りで、東京から島に移り住んだ、タイ語翻訳家の本山田 太門(もとやまだ たもん)。

もう一人は、生まれも育ちも島の中で、東京にあこがれる女の子、芽吹 初芽(かやぶき うぶき)。

その二人が出会い、互いの境遇も知りながら、島の不思議な現象である“空から降ってくるマグネット”という金属のような小部品の謎を最初はたまたま追い求め始めたことで、島を揺るがす大異変を防ぐことになるかもしれない!?というお話です。

 作品の舞台の磁辺島のモデルは、南知多町日間賀島がモデルです。こちらの島は、作中と同様に、島の少しゆっくり進むような時間が楽しめますよ。

 

■マップ

 日間賀(ひまか)島は、徒歩で一周60分ほどで回れるほどの広さです。夏には、島の2つのビーチが人気ですし、島の特産の蛸がとても美味しいです。今回はオフシーズンの冬に訪れましたが、観光客は徒歩や自転車で島を回って楽しんでいましたよ。

作中に出てくるシーンは、上記のマップでポイントを配したように、島全域に広がっていますので、回り甲斐がありますよ!

 

 ■1巻表紙

f:id:rosseta:20181203011322j:plainf:id:rosseta:20181203011357j:plain

こちらは島の東部の高い場所になります。坂道の先には家々と、青い海と、島影が見えます。島影は佐久島です。

 

f:id:rosseta:20181203011427j:plainf:id:rosseta:20181203011357j:plain

内表紙の方が背景がよく見えるので一致度が分かりやすいですね!

 

■2巻表紙

f:id:rosseta:20181203012016j:plainf:id:rosseta:20181203012042j:plain

一巻は島の東部だったからでしょうか、二巻表紙は島の西部の西港の近くです。

f:id:rosseta:20181203012110j:plainf:id:rosseta:20181203012042j:plain

 

 

■西港

 

■神社

 

■ビーチ

f:id:rosseta:20190217235352j:plainf:id:rosseta:20190217235417j:plain

西港から歩いてすぐのサンライズビーチ。

訪れたのは冬でしたが、夏だったら雰囲気がとても楽しいだろうなと思える風景でした。

 

f:id:rosseta:20190217235444j:plain

f:id:rosseta:20190217235458j:plain

冬でしたが、東の岬にあるハイジブランコ目当てで親子連れやカップルが通っていました。

 

f:id:rosseta:20190217235516j:plainf:id:rosseta:20190217235534j:plain

f:id:rosseta:20190217235609j:plain

f:id:rosseta:20190217235627j:plain

このとき冬でしたが、雲間で良い光景の写真が撮れました。

 

f:id:rosseta:20190217235655j:plain

f:id:rosseta:20190217235719j:plain

 

f:id:rosseta:20190217235748j:plain

f:id:rosseta:20190217235806j:plain

f:id:rosseta:20190217235838j:plain

f:id:rosseta:20190217235858j:plain

 

■東のランチスポット

 

■北のランチスポット

 

■西のランチスポット

 

■東の猫神様

f:id:rosseta:20190218003412j:plain

f:id:rosseta:20190218003428j:plain

 

f:id:rosseta:20190218003519j:plainf:id:rosseta:20190218003538j:plain

坂を上った先の海岸沿いの風景。奥にあるビルが合っていますね。

 

f:id:rosseta:20190218003658j:plain

f:id:rosseta:20190218003715j:plain

この先が山添さんの家への近道とセリフがあるので、作中では道は別の場所に繋がっているのかも? 日間賀島では、この先は東の岬を経由してビーチになっています。

f:id:rosseta:20190218003920j:plain

f:id:rosseta:20190218003933j:plain

斜めの柱の根本に猫神様がありますが、今にも波に洗われそうです。

f:id:rosseta:20190218004050j:plain

f:id:rosseta:20190218004109j:plain

 

■南の猫神様

 

■真ん中あたりの猫神様

f:id:rosseta:20190218000251j:plain

f:id:rosseta:20190218000307j:plain

日間賀観光ホテル近くの歩道を歩いているシーン。

 

f:id:rosseta:20190218000349j:plain

f:id:rosseta:20190218000406j:plain

f:id:rosseta:20190218000444j:plainf:id:rosseta:20190218000502j:plain

ここにも作中には猫神様の石像があります。私が訪れた時点ではホテル内の花壇が作り直しの最中でした。

 

■お寺

f:id:rosseta:20190218001013j:plain

f:id:rosseta:20190218001029j:plain

長心寺の階段になります。作中にも背で重なったカエルさんがいますね。

 

f:id:rosseta:20190218001057j:plainf:id:rosseta:20190218001117j:plain

長心寺を“かなと商店”から見た風景。原付バイクもありました!

手前の骨組みは、干物製作の棚ですね。このときは日間賀島特産のタコの干物がぶらさがっていましたよ。

 

f:id:rosseta:20190218001201j:plainf:id:rosseta:20190218001231j:plain

長心寺のお堂。アングルを間違えていますね(^^;;

 

■夏祭り

f:id:rosseta:20190218001633j:plain

MAGNET.16扉絵の場所。作中の桃畑の近くの西側のちょっと山道。

まさかここを見つけることができると思わなかったのですが、背景のホテルの重なり具合から西側だろうなぁと思って探していたら(^^)

 



■(C) 漫画:マグネット島通信@伊藤正臣

■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として画像を引用しています

■文章:Minkyこと、このブログの中の人

■舞台探訪日:2018年11月22日、23日

■履歴:

2018/12/02:暫定作成、写真掲載

2019/02/17:写真追加