読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

8月読書まとめ

読書メーターのまとめ記事は、次の月いっぱいしか保持されないので、ぎりぎり忘れそうだったので、九月の最後の日に更新(^^;
8月の三冊はこれらを選んでみました。今回は地元枠でもう一冊(^^)


さすが京極さんと思える、巷説百物語シリーズ。今回は、大阪が舞台で、仕掛ける人も異なるわけで、文体も大きく異なっていて面白かった。江戸とは違い、最終的にその人の罪を裁く選択肢は本人の…

西巷説百物語 (怪BOOKS)

西巷説百物語 (怪BOOKS)


毎日どたばたと楽しいいかさま博覧亭。本書で最後なの?最終巻なの!?って驚いてしまったのだけど、連載する媒体が引越しするので仕切りなおしするみたい。このままの設定で続いて欲しいですね〜(^-^b

怪異いかさま博覧亭 第5巻 (IDコミックス REXコミックス)

怪異いかさま博覧亭 第5巻 (IDコミックス REXコミックス)

ヘレンespはもっとじっくり続いて欲しかった。ある意味、姉妹作品のふらんけんふらんは、ブラックユーモアを主体にしているのだけど、こちらは人間の根源の優しさを描いている良作。ヘレンに幸あれ。

ヘレンesp 2 (少年チャンピオン・コミックス)

ヘレンesp 2 (少年チャンピオン・コミックス)


あと、地元枠で、「秋月記」。
江戸期の秋月藩でのお家騒ぎについての話。黒田藩の支藩として生まれた宿命から、本家からの吸収のための策略がいろいろ仕掛けられて…実家から近いこの地で、江戸期にこのようなことがあったのかと再発見できた作品。秋月には石造りの眼鏡橋があるのだけど、その成立に隠された史実があったのだなぁ。今度改めて訪れてみたい。

秋月記

秋月記



8月の読書メーター
読んだ本の数:20冊
読んだページ数:2632ページ

以下、まとめです。ネタばれも含みますので要注意。
ハーメルンのバイオリン弾き 〜シェルクンチク〜 5 (ヤングガンガンコミックス)ハーメルンのバイオリン弾き 〜シェルクンチク〜 5 (ヤングガンガンコミックス)
ハーメルとフルートが久々に登場w パチンコに興じてスッテいたり簡単に魔王化したりと相変わらずw 帯の二人が可愛かったwのと、給食費の袋の代わりに凶食鬼のお袋を召還したフルートGJw
読了日:08月30日 著者:渡辺 道明
唐傘の才媛 2 (電撃コミックス)唐傘の才媛 2 (電撃コミックス)
一巻ではどういうに落ち着くの?と心配していたが、六助はそうくるかw 最後は主とのバトルとか、腹から飛び出しが良かったw 個人的には九重が可愛かったです〜
読了日:08月30日 著者:緋鍵 龍彦
天才 柳沢教授の生活(29) (モーニングKC)天才 柳沢教授の生活(29) (モーニングKC)
華子も成長しているなぁ。教授の母との別れの話も、悲しくないわけなくて、その表現が子供の頃から教授特有だったのだなぁ。そして、吉田准教授…、負けるなw
読了日:08月29日 著者:山下 和美
ぢごぷり(2) <完> (アフタヌーンKC)ぢごぷり(2) <完> (アフタヌーンKC)
描きたいことはわかるのだけど、最初の設定の不自然さが最後まで鼻に付いたな、うーん 最後のはサービスなのか?^^;最後の絵が見つかったところで話し終えていたら、中途半端にファンタジー入れずに、リアルのまま終わってよかった気がする。
読了日:08月29日 著者:木尾 士目
球場ラヴァーズ 1巻 (ヤングキングコミックス)球場ラヴァーズ 1巻 (ヤングキングコミックス)
広島ファンだけでなく、球場で野球チームを応援しているファンの人達の気持ちがしっかりわかる作品。もちろん、熱烈なカープファンの生態が赤裸々に書かれていて面白いw それと平行して、いじめを受けていた主人公が自分を振り返りながら、野球応援を通じて前向きに一歩ずつ踏み出している姿も素晴らしい。そんな重い話の石田節が第一話からあって、うわーこーゆー作品?とちょっと引いたのだけど、実は話を進めていくに連れて、綺麗ごとだけでなく全てを包含して描いているのはさすがです!GJ!
読了日:08月27日 著者:石田 敦子
秋月記秋月記
故郷の近くの秋月が舞台の作品と知り読みました。政治とは何事も正しく行えば務まるわけでもなく、誰かが憎まれ役にならねばならないというのは確かにそうですね。年を経た小四郎と織部の最後の会話も良かったです。そして、静謐な秋月の里や、あの眼鏡橋にはこのような人々の生き様が刻まれていたのですね、帰省した際に改めて立ち寄りたく思いました。
読了日:08月24日 著者:葉室 麟
百鬼夜行絵巻の謎 (集英社新書ヴィジュアル版)百鬼夜行絵巻の謎 (集英社新書ヴィジュアル版)
絵巻が数多く存在し、今は分からない祖本解明のために分類している様は、DNAの置換、欠落などを見ているようで興味深かった。妖怪は、単なる擬人化だけで成立するのではなく、器物や魚介類と、四肢のある動物とでは異なるのも面白かったな
読了日:08月22日 著者:小松 和彦
くノ一魔宝伝 6 (ヤングジャンプコミックス)くノ一魔宝伝 6 (ヤングジャンプコミックス)
ついに仲間も全員勢ぞろいして、大団円。首に巻いているのはそういう伏線があったのかぁ。ずっと敵側にいたり恨んではいたけれど月姫も良い人でしたね、できれば再会あればいいね!
読了日:08月21日 著者:山口 譲司
ぎんぎつね 3 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 3 (ヤングジャンプコミックス)
何かメッセージ性のある話作りではなく、色々な人間模様の中で成長する味がありますね:-) ちょっと神社しきたりの話に肩入れ過ぎでちょっとバランス悪いかも、神使との付き合いの話をもう少し見たいですね
読了日:08月21日 著者:落合 さより
マギ 5 (少年サンデーコミックス)マギ 5 (少年サンデーコミックス)
展開が読めなくなってきた。アラジンは王を決めたり、魔法力強化の話になるのかな?
読了日:08月21日 著者:大高 忍
ダシマスター 3 (ヤングジャンプコミックス BJ)ダシマスター 3 (ヤングジャンプコミックス BJ)
少しずつダシマスターの過去と繋がる展開が増えてきましたね。秘書さんはデフォルメ顔が可愛いw
読了日:08月21日 著者:松枝 尚嗣
西巷説百物語 (怪BOOKS)西巷説百物語 (怪BOOKS)
仕掛けが林蔵のため今までと大きく語りが異なっていて、仕掛けられる人が一人語りを始めて林蔵も加わり話が展開していくのが面白かった。話し始めた際の表面上の心に浮かぶことと、最後には心の奥底にあるものの差が人間の恐ろしさを改めて浮き彫りにしているなぁ。話のまとまりとしては?の部分もあり練りが弱いところも鼻に付いたかなぁ、溝出の話の毒の入手や動機も不明だし^^; このシリーズは北林藩の黒幕の江戸の大鼠の退治が最後に来るとも思うのだけどまだ続くのかな?
読了日:08月20日 著者:京極 夏彦
怪異いかさま博覧亭 5巻 (IDコミックス REXコミックス)怪異いかさま博覧亭 5巻 (IDコミックス REXコミックス)
黒百合って女性だったんだーと最後の種明かしで私も気づきましたw 最終幕ってあったときには、え!?と思ったけど、まだ別雑誌にて連載するのですね、安心(^^) それにしても、八咫は可愛い:-)
読了日:08月19日 著者:小竹田 貴弘
Sweep!! 2 (バーズコミックス)Sweep!! 2 (バーズコミックス)
うん、次からが本番ですね、試合にも、周囲の大人の思惑にも、負けるなー!(^-^b
読了日:08月08日 著者:小橋 ちず
大平面の小さな罪 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)大平面の小さな罪 (ビームコミックス) (BEAM COMIX)
面白かった!作者の人生観がにじみ出ている作品に仕上がっているなぁ。ちょっとした罪や嘘でも、誰もを傷つけず幸せに出来るのならいいんじゃない?って(^-^b
読了日:08月08日 著者:岡崎 二郎
のりりん(1) (イブニングKC)のりりん(1) (イブニングKC)
最近は自転車漫画が増えているけれど、この作品はまた違った軸で面白い!地元が福岡なので博多っぽい言葉には素直に好感^^あと、お母さんの無茶振りとか、免停までの道のりがリアルで笑えないw
読了日:08月08日 著者:鬼頭 莫宏
大阪ハムレット(4) (アクションコミックス)大阪ハムレット(4) (アクションコミックス)
阿倍野マリアって、どういう話かな?と思いつつ、やはり処女懐胎かぁ。阿倍野マリアでのお母ちゃんの無茶振りに対しての引き顔が良かったw
読了日:08月08日 著者:森下 裕美
ヘレンesp 2 (少年チャンピオン・コミックス)ヘレンesp 2 (少年チャンピオン・コミックス)
うーん、もったいない!もっと続けてほしかったというのが正直なところ! ふらんとは違うベクトルの話だけど、ある意味ふらんのような作品が生み出せる作者だからこそ、このようなヘレンの世界も産み出せたのでしょうね。中途な作家だとできない作品の奥深さと、ヘレンの温かさが良かったです。イタ電して、天使のような笑顔のヘレンが現れた彼って驚いただろうなぁ、変わってあげたいよ^^
読了日:08月07日 著者:木々津 克久
極道の食卓 12巻 (プレイコミックシリーズ)極道の食卓 12巻 (プレイコミックシリーズ)
魔味って怖いけど食べてみたい! おむすびの話も美味しさを増す話でしたね
読了日:08月07日 著者:立原 あゆみ
職業・殺し屋。 15 (ジェッツコミックス)職業・殺し屋。 15 (ジェッツコミックス)
第一部最後の敵は、職コロの抹殺を目論む…凶悪な殺し屋がひしめく組織かと思えば、今風の狂信者集団。終始楽勝に見えた気がw 懐かしいキャラがいろいろ出てきて大満足。第二期楽しみです、充電してください(^-^b
読了日:08月02日 著者:西川 秀明

読書メーター