逃げ上手の若君 5巻 第39話扉絵@藤沢市

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2022年3月27日

 

f:id:rosseta:20220406225102j:imagef:id:rosseta:20220406225120j:image

逃げ上手の若君は鎌倉幕府滅亡後の執権北条氏の血を引く御曹司が、滅ぼした足利氏相手に得意な逃げを活かして、中先代の乱を起こす話です。

 

そのため、現代の風景は出てこないのですが、鎌倉幕府があったゆかりの場所が扉絵に出てきました。

こちらは、例の鉄道写真騒動で有名になったところですねw
この交差点すぐそばには、鎌倉時代に使用されていた龍ノ口刑場跡もあります。逃げ上手の若君ゆかりの場所とは言え、ここを出すとは〜!

 

f:id:rosseta:20220406225143j:image

撮影ポイントには、このような銘板もありました。こちらの急なカーブにより車両が折れ曲がって撮影できることや、人と車と鉄道がバランスよく交差しているところも撮影ポイントのようです。ここから撮影する鉄道ファンも多く、この日も結構おられました。

 

f:id:rosseta:20220407021134j:plain

当初、扉絵の写真は逆方向から撮影していて、風景が合わないな…と悩んでいましたが、よくよく見ると逆の位置のこちらでした、いやはやお恥ずかしい。

 

f:id:rosseta:20220406225159j:image

f:id:rosseta:20220407021226j:plain

こちらが刑場跡になります。龍口寺の参道の左手にあります。そして、すぐ目の前には江ノ電が行き交います。龍口寺の縁起にも関わる伝説が起きた場所でもあります。

 

f:id:rosseta:20220406225207j:image

刑場はもともと別の場所にあったそうですが、龍口明神社のお告げで、悪人の首を捧げよとあったそうです。こちらは龍口寺横の当時の旧社(元宮)になります。



■(C) 漫画:逃げ上手の若君@松井優征

■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として画像を引用しています

■文章:Minkyこと、このブログの中の人

■舞台探訪日:2022年3月27日

■履歴:

2022/3/31:作成、写真掲載

咲-Saki-18巻裏表紙@伊豆の国市

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2022年3月26日

 

 

f:id:rosseta:20220406230650j:imagef:id:rosseta:20220406230653j:image

咲-Saki-18巻裏表紙は、伊豆韮山の竈神社(荒神社)になります。

以前から伊豆の国にも訪れたかったので、こちらもやっと来れました。

 

f:id:rosseta:20220407021349j:plain

裏表紙の風景の写真の左手奥は伊豆長岡温泉があり、右手の方には大河ドラマ鎌倉殿の13人の舞台、北条一族の根拠地の守山や江間地域、頼朝と政子の蛭ヶ島公園があります。こちらの神社は、幕末の韮山反射炉とその設計をした代官江川英龍邸の間に位置しています。

 

f:id:rosseta:20220407021508j:plain

参道の階段はかなり急ですが、本殿まで3,4分ほどで登れるほどなので安心ください。

 

f:id:rosseta:20220406230956j:imagef:id:rosseta:20220406230959j:image

荒神社の本殿です。正式な名称は、三宝荒神社と言い、火伏せの神様をまつっています。

本殿の額を見てみてると、江川英龍の息子英武の書のようですね。江川英武氏はこちらの最後の代官を務め、廃藩置県時には韮山県の初代県知事になったそうですね。

 

あと、おまけの観光情報です。

伊豆長岡駅そばの観光案内所でレンタサイクルがありますのでそちらを使うと、咲の風景だけでなく、観光もできて良いですよ!

 

f:id:rosseta:20220407021833j:plain

f:id:rosseta:20220407021849j:plain

頼朝と政子の蛭ヶ島公園。二人が見つめる先には富士山があります。
観光客が大河ドラマの頼朝さんより美形だねぇと言っていましたね。まぁ今回の大河の主人公は頼朝さんでは無いので~w

 

f:id:rosseta:20220407021948j:plain

幕末に作られた韮山反射炉と、江川英龍銅像

再現されたものではなく、当時の反射炉を補強して当時のまま展示されています。反射炉というのは鉄を多く作るために、熱を反射させることで一か所に集中させる当時最先端の技術の結晶だったそうです。この地に作ったのは、鋳型で作った大砲をくり抜くために、水車の力を使ったので水量が多い川のそばに作ったそうです。

江川英龍は、 漫画「風雲児たち」でも出てきますね。目が大きく描かれるので最初えらくデフォルメしているな・・・と思ったら自画像自体が目が大きいですね。

 

 

f:id:rosseta:20220407022712j:plain

f:id:rosseta:20220407022743j:plain

韮山反射炉の設計を行った代官江川英龍邸。

こちらの建物や玄関は、大河ドラマ篤姫、せごどんで使われたそうです。江川氏は源氏の子孫ですが、島津氏とは特に関係ないですが面白いですね。

また、江川英龍は、日本で初めてパンを作った人のようです、軍の食料として研究していたとかで、庭にはそれを記念したモニュメントもあります。

あと、江川氏の先祖はこの地に昔からゆかりがあったそうです。源頼朝が挙兵した際には付き従ったそうですが、安土桃山時代後北条氏では、この屋敷裏の韮山城を守備していましたが、秀吉に攻められ敗北しています。その後、徳川家康の家臣になり、韮山などの直轄地を治める代官として代々続いたそうですね。



■(C) 漫画:咲-Saki-小林立

■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として画像を引用しています

■文章:Minkyこと、このブログの中の人

■舞台探訪日:2022年3月26日

■履歴:

2022/3/31:作成、写真掲載

半助喰物帳@京都市

 

f:id:rosseta:20220228232609j:imagef:id:rosseta:20220228232617j:image

この作品は風景を丁寧に書いてるのでいいな。

まずこちらは鴨川にかかる松原橋付近。

 

f:id:rosseta:20220228232629j:image

f:id:rosseta:20220228232638j:image

二枚目の小さな橋は琵琶湖疏水の橋でしたか、単なる用水路と見逃していたいつも(^。^)

 

f:id:rosseta:20220228232736j:imagef:id:rosseta:20220228232741j:image

f:id:rosseta:20220228232801j:image

幽霊子育飴
清水寺参拝途上にて。昔懐かしい素朴な味が逆に新しいかも

 

 

f:id:rosseta:20220228232857j:imagef:id:rosseta:20220228232905j:image

京都タワー1階の売り場。

 

f:id:rosseta:20220228232935j:imagef:id:rosseta:20220228232939j:image
11階のスタッフさんにこのエレベーター前も漫画作品に出ていますよと紹介したらかなり喜ばれて、作品名も紹介する事に^ ^

 

f:id:rosseta:20220228233027j:imagef:id:rosseta:20220228233030j:image

f:id:rosseta:20220228233039j:imagef:id:rosseta:20220228233044j:image

京都タワー展望エリア
大阪の方向は、左手の生駒山麓と、右手の天王山の間に、大坂城あべのハルカスが見えるらしい。私は望遠鏡であべのハルカスだけ確認できたな

咲-Saki-阿知賀編 8巻 第28局@奈良県桜井市初瀬

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2022年2月12日

 

 

f:id:rosseta:20220213133848j:image
f:id:rosseta:20220213133837j:image
f:id:rosseta:20220213133842j:image
f:id:rosseta:20220213133845j:image

西国三十三所巡りを始めたので、長谷寺参拝もあり、こちらの撮影しました。

漫画のコマを見ても、これの特定はかなり難問過ぎる。その前後の思い出の写真コマを見ても、地域がバラバラで実質ノーヒント状態。特定した咲探訪クラスタ、まさに恐るべし!という感じですね!

二枚目はほほ背景見えないですが、右端の鳥居や左上の木の枝ぶりがそのままで感動しました。

続きを読む

パリピ孔明6,7,8巻@京都市

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2021年12月20日、2022年2月25日

 

諸葛孔明は、改めて言及するまでもない三国志の蜀の軍師です。彼は三国志の終盤の五丈原の戦いの最中に没します。そして、この作品では、どのような力が働いたのかまだ不明ですが、現在の東京渋谷に現役の姿で復活します。亡くなったのが西暦234年のため約1800年後に登場になりますね。そんな彼は、現代日本で軍を率いるわけでもなく、一人の歌い手の女の子"月見英子"の夢を叶える事に軍師の才を活かしてまい進します。


この語のメイン舞台は東京渋谷ですが、6巻以降は英子の実家がある京都市内が出てきます。今までの歌のイベントの準備や当日の仕掛けだけでなく、この京都では歌い手など演者を乗せて演芸バトルを行う山車の動きがポイントになり、孔明の采配が冴えわたり見どころになります。

 

 

■京都駅前その1

京都の玄関の京都駅のシーンです。現在の駅舎も、駅前の京都タワーと同じように京都の風景の一つとなっていますよね。

f:id:rosseta:20220321114712j:plain

f:id:rosseta:20220321114724j:plain

f:id:rosseta:20220321114752j:plain

f:id:rosseta:20220321114809j:plain



京都市

f:id:rosseta:20220314111445j:plain

f:id:rosseta:20220314111454j:plain

京都言えば~という冒頭での紹介シーンです。孔明の衣装が京都では違和感がない!と英子が驚きますね。

こちらの風景は、新選組の屯所にされていた壬生寺そばの八木家になります。

 

f:id:rosseta:20220321110544j:plain

八木家の隣に、壬生寺があります。作中には出てこないのですが、いろんな作品で新選組は描かれているので是非訪れたいお寺ですね。史実でもこのお寺の境内で新選組は鍛錬をしていたらしく、さらに空砲ですが大砲の打ち方練習もしていたとか。お寺の記述ではたいそう迷惑をしていたとか…そんな隊士たちが近所の子供たちはこちらで遊んでいたエピソードもあるそうですよ。

 

f:id:rosseta:20220321110557j:plain

f:id:rosseta:20220321110609j:plain

近藤勇さんの胸像です。有料の観覧場所なのでこちらも訪れる価値ありますね。絵馬は様々な新選組を描いた作品のファンの熱がこもったものがいろいろ。作品ごとにファン交流ノートも二十数冊ほど建屋にあって読み入ってしまいました。銀魂もありましたよ~(^^)



三条大橋
英子実家のお寺の最寄りの橋として描かれています。英子の実家のお寺のモデルはまだ特定できていないのですが、この橋の東側にある設定の様です。

f:id:rosseta:20220314112116j:plainf:id:rosseta:20220314112130j:plain

三条大橋の北側歩道。奥が京阪三条駅。

f:id:rosseta:20220314112202j:plainf:id:rosseta:20220314112215j:plain

三条大橋の東詰の先の横断歩道。実家のお寺との位置関係としてもこちらの横断歩道なのですが何故か風景があまり合いませんね?

 

f:id:rosseta:20220314112242j:plain

f:id:rosseta:20220314112259j:plain

こちらは三条大橋を東に向かっているシーン。北側の歩道になります。今から鴨川商店街の祭りの仕込み具合の偵察に向かいます。
そうそう、ちょうどこの撮影中に、鴨川沿いで結婚式用の写真撮影をされていましたね。


f:id:rosseta:20220314112319j:plainf:id:rosseta:20220314112333j:plain

こちらは、三条大橋の南側の歩道。偵察から戻ってきているシーン。

写真の左側に見える三条大橋の擬宝珠には刀傷が残っていて、新選組の斬り合い時についた跡と言われています。

続きを読む

ウマ娘シンデレラグレイ@岐阜県笠松町

■舞台を訪れる際の注意


舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m 当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。


 舞台探訪日:2021年3月7日

 

ウマ娘アプリもリリースされて大盛り上がりですね!こちらの作品は、そのウマ娘の一人オグリキャップを主人公にした成長の物語です。出身の笠松競馬場からの成長物語で、ゲームよりもシリアスでライバルとの走りを魅せてくれる熱い雰囲気ですが、走っている以外のオグリは天然さがほのぼのさせてくれますね!

 

笠松けいばは、岐阜県の南端の木曽川に接する笠松町にあります。木曽川の対岸は愛知県です。笠松けいばそばにある笠松みなと公園がオグリのトレーニング風景に出てきます。


木曽川自転車レーン

オグリキャップとのインパクトある出会いのシーンです。

f:id:rosseta:20210308014912j:plain

f:id:rosseta:20210308014938j:plain

こちらの左手に笠松けいばが俯瞰できます。地方競馬の憂いを語っているトレーナーの二人です。 オグリキャップを育成する北原トレーナーは右側の人物です。ちょっと癖のある人物ですが、同じく癖が強いオグリを支える息の合ったトレーナーになります。

f:id:rosseta:20210308015012j:plain

f:id:rosseta:20210308015031j:plain

その二人を追い抜いたのは!?オグリキャップ
左側の橋梁は名鉄本線のものです。右手に降りていくと笠松けいば駐車場に繋がっています。

 

f:id:rosseta:20210308015056j:plain

Twitterで話題になっていました、ウマ娘は軽車両扱いなので自転車レーンを走ったのでしょうか??

 

f:id:rosseta:20210314121757j:plain

この辺りから笠松けいばを眺めることができます。この時はコロナ影響のため休業中でしたが、競馬を知らない私にとっては、これが木曽川の川砂を使ったダートかぁ!と感激でした(ミーハー)。コースの内側が緑や土でちぐはぐなのは、地元の方に農業用地として利用してもらっているからだそうです。GoogleMapで俯瞰するとより分かります。

 

続きを読む