読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tt&花いろコラボチャリティ@城端&湯涌温泉

東日本大震災のチャリティのために、急遽城端と湯涌温泉にて、募金が行われました。募金をして下さった方々にtrue tears花咲くいろはのコラボクリアファイルや、花咲くいろはポスターをお礼としてもらえる催しでした。少し前に秋葉原でも行われたのですが、作品の舞台である、true tearsの城端、花咲くいろはの湯涌温泉で行われると言うのはすごく意義があることですし、北陸のファンにとっても嬉しい事でした(^^)


まず、11時から開催される城端の会場は、いつものおなじみのじょうはな座さんでした。
10時前からファンが列を作っていまして、じょうはな座の建物を一周するほどでした! 200人は越えて300人近くおられたようですね。



昨年12月の有志会イベントには私も主催者側だっただけに、こんなに並ぶ列はちょっと凄くてなんというかひとごとではない感じがして、有志会としてじょうはな座の方に手伝いも申し出ましたが、みなさんきちんと列を形成されていたので大丈夫でした(^^)


そして、チャリティ募金の説明ということで、敏腕プロデューサーナガッチョさんの登場で、クリアファイルとポスターを持って説明されていました。


そして、募金が開始されて、募金が済んだ方からグッズを手にされていました。


グッズを手渡しているのはナガッチョさんと、じょうはな座のお姉さんです。何故か手伝うことになっていたと言っていましたね(笑)


ナガッチョさんが着ているハッピが気になりますね?…と背中を見てみると、花咲くいろはのキャラ全面のものでした。並んでいる人からもたくさん募金するのでそれも欲しいとの声が(笑)


急遽開かれたイベントだったため、ポスターの巻いた分は終わってしまい、申し訳ないですがもらった方は丸めてもらえませんか?と説明がありました。丸めている方々です。


こちらは、湯涌温泉の観光案内所です。こちらで同様に、14時からチャリティイベントが開催されました。
湯涌温泉は金沢市なのですが、実は城端と一つ山を挟んだ西側にあります。花咲くいろはの駅のモデルは能登半島の北部の西岸駅なのですが、温泉地のモデルが城端からすごく近いのも面白いですね。ただ、山を越える公共交通機関がないので、自家用車や金沢からバスでアクセスするしかありません。
そうそう、城端から27号線経由でここに行く場合には、途中にAngel Beats!の舞台のモデルと言われている、金沢大学角間キャンパスも通過するのも面白いところです(^-^b


観光案内所の入り口です。ポスターも掲示されていますね〜
この建物の左手の坂をあがっていくと、湯涌温泉郷になります。金沢の奥座敷と呼ばれる温泉地です。


観光案内所の中になります。
チャリティイベントも終了し、談笑している関係者の方々も見えますね。皆様本当にお疲れさまでしたm(__)m


このチャリティイベントの事が、10日の富山新聞に掲載されていました。
実は私もインタビュー受けて、実名も出したのですが、採用されなくて良かったです(笑)


次の日は、花咲くいろはの舞台のモデルの、西岸駅と、湯涌温泉を訪れてみました。
9日は雨模様でしたが、10日は晴れて気持ちよく舞台を楽しめましたよ(^^) 湯涌く温泉では、温泉に浸かることもできましたし(^-^b
花咲くいろは@石川県七尾市西岸駅&金沢市湯涌温泉
http://d.hatena.ne.jp/rosseta/20110410/1302469817