読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

祖谷かずら橋

次に、徳島県三好市山城町の祖谷にある“かずら橋”を渡ってきました(^^)


吉野川の支流の谷川のため、昔からこのような橋を地元の住民が作って使っていたようですね。特にこの辺りは平家の落人が切り開いた土地なので、大歩危の方から車でアクセスしたのですが、峻険な山々の間にあり急な坂道のオンパレードで大変でした(^_^;;


そして、私もチャレンジしたのですが、・・・その前に、私は高所恐怖症なのです(-_-;;;


橋自体も他の観光客もいるのでぐわんぐわん揺れるし、足場の隙間が広くて。。。足の運びにこれだけ注意を払ったのは初めてかもしれません・・・私の足に比べて、こんなに隙間があるわけですよ!?ガクブルどころじゃありません!?

さらに、私の後ろに元気の良い男子高校生の集団が現れたので、これ以上揺らされたらマジでやばいと、なんとか渡りきりましたよ!(>_<)
ちょっとネタバレですが、かずら橋自体の基礎にはワイヤーなどがこっそりあるので、強度自体はあるため切れるということはなさそうですが、上述の隙間だけでも十分怖いですね。私の足のサイズは27です、それであの隙間ですからね! 私の前の人はサンダル履きで歩いていました、凄い勇気!w


あと、蟲師に出てきた、かずら橋を思い出しました。これは本当に落ちるかどうかの命を感じさせてくれるなぁ・・・ 実際に体験するのはやはり作品を真の意味で味わい追体験する上でも重要ですね。そして、死にそうに思える体験をしてこそ、生きている思いは鮮やかに自分の中で再認識できるものですね。 でもまぁ、一言で言うと、怖かったー!wに尽きますw