読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青の橘花@熊本県荒尾市

史跡
青の橘花(1) (マガジンZKC)

青の橘花(1) (マガジンZKC)

 
青の橘花(2) <完> (マガジンZKC)

青の橘花(2) <完> (マガジンZKC)

 

あけましておめでとうございます!

…というには実際に書いたのがかなり遅くなりました(1月30日執筆・・・)が、松の内の二日に軽く舞台探訪初めを行いました。

2016年からは、はてなブログに移行しようとして遅れていたのもあります(^^;

 

というわけで、この記事以降は、はてなブログで発信していきたいと思います。

よろしくおねがいいたします!

 

まず、青の橘花のメイン舞台は、福岡県直方市ですが、最終決戦では炭鉱跡地で行われており、福岡県田川市の炭鉱跡も出ているのですが、主に出てくる炭鉱跡地は、熊本県荒尾市万田坑です。

その万田坑は6年前に訪れたのですが、建物の補修工事のため一切入れず、周囲からの撮影で断念でした。

rosseta.hatenablog.com

 

rosseta.hatenablog.com

 

月日は流れ、昨年、万田坑世界遺産に登録されました!

そして、観光できる施設として整備もされたのでこのたび訪れてみました。

世界遺産登録への取り組み / 荒尾市万田坑

 

ですが、やはり松の内は観光施設もお休みでして・・・外周から見学ということで数年前と同じ結果に(^_^;

でも、こちらのシーンは撮影できました。

作中では福智山ダムのダム底に沈んでいたという設定なので、水しぶきがあがっていますね。

f:id:rosseta:20160131025729j:plain

f:id:rosseta:20160131025200j:plain

 

万田坑は通常だと見学が可能です。近代日本を支えた産業遺産として見ごたえがあります。

f:id:rosseta:20160131025218j:plain

 

こちらの建物そばも見学したかったのですが入れず~

そうそう、作者さんは田川の石炭記念館を訪れて、さらに何かないかと探したところ、この万田坑を知りロケハンしたそうですね。

f:id:rosseta:20160131025234j:plain

 

入り口に透明な板があれ、現存している施設と、過去存在していた史跡を重ね合わせてみることができて、在りし日の万田坑が浮かび上がります。

f:id:rosseta:20160131025247j:plain