読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドルアーガの塔第二期@東京都あきるの市

■舞台を訪れる際の注意



舞台になった場所に行き、登場人物の言動に思いを馳せるのが醍醐味だと思います(^-^) でも、その場所は普通の生活地域になりますので、公序良俗に反しないように行動はくれぐれも慎んで、常識を持って楽しんでください。 特に、その場所で騒がない、壊さない、汚さないは守りましょう(^o^) よろしくお願いいたしますm(__)m
当ブログでの舞台探訪のポリシーはこちらになります。

ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第1の宮(初回受注限定生産版) [DVD]ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第2の宮(初回受注限定生産版) [DVD]ドルアーガの塔~the Sword of URUK~ 第3の宮(初回受注限定生産版) [DVD]
舞台探訪日:2010年6月20日


昨年度放送された第2期『ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜』をつい先日全部見ることができまして、個人的にかなり楽しめました(^^)
となると、作品の舞台に行ってみたくなる性分ですw ですが、ドルアーガの塔は古代の話ですし、日本の舞台などありようがありません…あれ?オープニングの球場のシーンって気になりました。よく見ると鉄塔なども背景に描かれてあり、どこかの球場を参考にしたんじゃなかろうか?と思い始めました。でも、球場はわからないなぁーって思っていたところ、EDテロップにw

というわけで、あきる野市民球場と判明しましたw
こういう舞台に行く方はなかなかレアですし、需要もないとは思うのですが、自分が好きな作品の舞台なら行くというポリシーがありました(^-^b
加えて、都内メインの舞台探訪者の先達「ローリング廻り蹴り」のid:riyotさんの姿勢にも惹かれる事もあり行って来ましたw 何気ない都内の風景も必ず撮影に行くという姿勢が素晴らしいです!ちなみにid:riyotさんは作品に雷門が出るたびに撮影に訪れる熟達者です、『何度目だ、雷門!』w
そのid:riyotさんも行ってないのならば、私の出番かとw アニメは放送時期に行くべきでしょうが、今行っておかないと誰も行くことはなさそうですしw


今回は幸い試合前に、球場管理人の方からベース内のダイヤモンドに立ち入らなければ撮影OKを頂きました。ありがとうございました。


まず、子供Verカイの力投も空しく、ニーパにホームランを打たれてしまいます。外野の壁の「120」表記がポイントです。
ちなみにキャラが着ているユニホームに書かれている名前は、声優さんのお名前ですね:-)



個人的には、「そんなのむりですよぉ〜」の台詞でお馴染みのヘナロがお気に入りのキャラでした。二枚上の画像の右にいますね。ドルアーガの塔第二期を見るかなと思ったのは、Angelbeats!の天使ちゃんが攻撃的な多く分身と一つになって寝込む話を見て、うわぁ、天使〜頑張れ・・・とちょっとブルー入ったので気分転換に見直したわけです。
んで、結局のところ、ドルアーガの塔第二期で気に入ったヘナロと、AB!の天使の声優さんって、花澤香菜さんで同じじゃないか・・・と奇妙な符合に私一人笑いましたw


そして、その打ったホームランのボールは、球場外で選挙演説をしていたギルガメス陛下の前に落ちてきます。
こちらの場所は球場の入り口部分の建物になります。ホームベースから見ると、ライト側のファールの位置になり、正確には一致しないのですがこの辺りしかありませんでした。


その足元には、回転の勢いが凄まじいボールが・・・タイルの配置パターンが同じでしたよ。


上記付近のライト側にはこんなファウルボールに注意の看板もありました。
看板には「秋川市」とありますね。秋川市は1996年に「五日市町」と合併して、「あきる野市」になったようです。“あきる”は“秋留”と書くそうです。明治時代にあった東秋留村、西秋留村などの名前が改めて出てきたみたいですね。明治期にこの周辺は神奈川県だったそうです。


こちらは球場のバックスクリーン。レフト内野側のフェンスから無理して撮影しているのでアングルがあまりあっていないのはご愛嬌で(^^;


そして、主役パーティチームの攻撃になり、ニーパが投げます。


ホームベース奥には、スコアボードもありました。スタッフ表記分だけ描き足していますね。
右側のドアの窓やドアノブもそっくりに描かれているのは感激しましたね!


そして、幼馴染のファティナから引っ張り込まれたジルがピンチヒッターに!
背景では、右手の照明スタンドや、左手の高架鉄塔群がそのままに描かれていますね。このシーンで、私はここ実際にありそうだなと思いました、鉄塔があると燃えます!w


続きます〜

再び、スコアボードの風景。


ファティナと、ライト側の自軍のベンチの風景。


バッターボックスに立ったジルでしたが、ニーパの鋭いフォークに翻弄されます。
このフォークの数は第二期の前半は一本で、後半からこの数に増えましたw
ダイヤモンド付近には近づかないお約束だったので、遠景でホームベースですw


まぐれ当たりしたジルに、ファティナが声援を送ります!
こちらはライト側ベンチ。


その声援に応えて、ジルがもうダッシュ開始!
奥のベンチには、敵キャラチームで、黒ギルガメッシュサキュバス、囚われのマネージャとしてカーヤがいますね。


三塁を蹴って、猛ダッシュのジル!


そして、突撃したホームのクロスプレイでは・・・アウト?・・・いや、ジルのアホ毛のおかげでセーフ!w 敵チームのマネージャのカーヤも駆け寄り、ファティナも心配で傍に寄り添い、両手に花モードですね:-)
ホームベースは実はもっと手前側の方でしたが、アングルではこの位置でほぼ合っていましたね。


第一期ではカーヤと悲しい別れを体験したジルでしたが、このOPはその復縁を暗示していますね。その分、ジルを養っていたファティナが可哀想なんですよねぇ、ウトゥとくっつけば良かったのに:-)


そんなこんなの寸劇のOPですが結構お気に入りでした(^-^b 舞台の球場もこのように、日曜の朝一番に訪れて大正解でした(^-^v
こちらは作中には出てきませんが、バックネット裏側や、ライト側の駐車場になります。


また、OP冒頭のこの橋は、球場近くではないか?と山を張ったのですが、全部はずれでした(^^;この市内にありそうな気もしますが^^; どこなんでしょうね?


そうそう、今回の撮影旅行では、ドラマCDをずっと聴いていました。“ヘナロに無茶なお願い”が好きでした(^-^b
ドラマCD 「ドルアーガの塔 ~the Spoon of URUK~」ドラマCD ドルアーガの塔 ~the fork of URUK~


P.S. この後、長野に急行しました。次のイベントに参加するためでした、高速移動でなかなか大変でしたw
■[Event] のどっちハウス改装直前記念撮影会@長野県原村
http://d.hatena.ne.jp/rosseta/20100620/1277923980





ドルアーガの塔 〜the Sword of URUK〜(C)NBGI/イズミプロジェクト
■本ブログでは作品風景の比較研究を目的として引用しています
■文章:Minkyこと、このブログの中の人
■履歴:
7/6:ほぼ掲載!